野宮真貴、世界放浪の夫からエッフェル塔でプロポーズ | RBB TODAY

野宮真貴、世界放浪の夫からエッフェル塔でプロポーズ

エンタメ その他
野宮真貴 (Photo by Ken Ishii/Getty Images)
  • 野宮真貴 (Photo by Ken Ishii/Getty Images)
 歌手でエッセイストの野宮真貴が16日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演し、7歳年下の夫からパリのエッフェル塔でプロポーズされた経験を明かした。当時、夫は無職で世界放浪中だったという。

 夫は1993年に知り合った当時はテレビ局員で、野宮が番組のゲストで出演したのがきっかけで出会ったという。「さわやかな笑顔であいさつしてくれて、それが新鮮だった」と野宮。「自分から電話番号を聞くのもしゃくなので、周りから攻めていって電話番号をゲットしてつきあい始めたら、それから1ヵ月ほどして会社を辞めて世界放浪の旅に出て行った」と振り返った。

 その後は遠距離恋愛で文通していたが、ちょうどピチカート・ファイヴが世界進出してワールドツアーに回っていたため、パリで落ち合い、エッフェル塔でプロポーズされたという。野宮は「盛り上がっちゃったんだよね。でも自分探しの旅の途中。無職の7歳年下の人とよく結婚する勇気があったなと思う」と語った。

 現在の夫婦仲については「けんかもしますよ。時間の観念が違っていて、私は時間に余裕を持って出かけたいが、夫はオンタイムでぎりぎりに行きたいので、出がけにけんかしている。最近は『先に行くね』と一人で行っちゃうこともある」と明かした。
《角谷》

関連ニュース

page top