映画『弱虫ペダル』裏門坂対決の場面写真解禁!「とにかくキツかった!」 | RBB TODAY

映画『弱虫ペダル』裏門坂対決の場面写真解禁!「とにかくキツかった!」

エンタメ 映画・ドラマ
(c)2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 (c)渡辺航(秋田書店)2008
  • (c)2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 (c)渡辺航(秋田書店)2008
  • (c)2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 (c)渡辺航(秋田書店)2008
 8月14日公開の実写映画『弱虫ペダル』の新しい場面写真が解禁された。


 今回解禁となったのは、アニメ好きで自転車レース経験のない主人公・坂道(永瀬廉)と、自転車競技部・期待の新人エースで努力型の天才である今泉(伊藤健太郎)が出会い、ともに裏門坂を自転車で走るシーンの場面写真。ママチャリで激坂を登る坂道に対して、初心者相手でも絶対に妥協しない今泉。この裏門坂のレースによって、坂道は自転車で走る楽しさに気づき、物語が動き出していくという重要なシーンだ。

 まだ寒い時期のクランクイン前から過酷な自転車練習を繰り返してきた永瀬。つらい練習を積んだ甲斐あって、急な坂を上る撮影でもスピード落とさず登り切ったほど。撮影を終えた際には「今日の激坂はとにかくキツかった!でも、皆でずっと練習から頑張って、苦しい時もありましたが、それすら今はいい思い出です!」と、まるで坂道のような諦めない心とポジティブな気持ちで撮影を乗り越えている。

 坂道と今泉、関西出身で「浪速のスピードマン」の異名を持つ鳴子(坂東龍汰)の関係性も本作を見るうえで欠かせない注目ポイントだ。3人が演じたキャラクターの性格がそれぞれ違う魅力を持っているように、永瀬、伊藤、坂東もタイプは異なりながらも撮影期間を経てかなり親睦を深め、熱い絆を作り上げている。

 先日開催されたキックオフイベントでは、永瀬が伊藤、坂東の1年生チームで神社へ参拝したエピソードを披露。「恋みくじをひいたら、(永瀬は)『大吉』が出て」と切り出すと、坂東が「自分は『小吉』だった」と続け、伊藤が「2人の真ん中だったので『中吉』だな」と息ぴったりな掛け合いを見せ、永瀬が「その後にコンビニで傘を買ったり、焼き肉いったり…。あれは青春でした」と撮影中の思い出を笑顔で振り返るなど、撮影が終わった今でも仲の良さを見せている。

 映画『弱虫ペダル』は8月14日(金)全国公開。
《かいこま》

関連ニュース

page top