多部未華子、大森南朋が演じるおじさんにキュン!?「ギャップです」 | RBB TODAY

多部未華子、大森南朋が演じるおじさんにキュン!?「ギャップです」

エンタメ 映画・ドラマ
火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」取材会(C)TBS
  • 火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」取材会(C)TBS
  • 火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(C)TBS
  • 火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(C)TBS
  • 火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(C)TBS
  • 火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(C)TBS
 火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(7月7日よる10時スタート/TBS系)のリモート取材会が4日にオンラインで開催され、主演の多部未華子、出演の大森南朋、瀬戸康史が出席した。

火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」取材会(C)TBS

 同作は、働き盛りで仕事に一直線だが家事と恋は不器用な28歳の独身女性・相原メイ(多部)がおじさん家政夫・鴫野ナギサ(大森)を雇うことから巻き起こるハートフルラブコメディ。

 多部は、大森が演じる家政夫・ナギサについて、「ナギサさんは、すごくおじさん(笑) 自分のことをあまり話さないから、メイちゃんがどんどん引き込まれ行くといいますか、気になっていく存在になっちゃうという。“ずるいおじさん”ですよね、結局」と声を弾ませた。

火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(C)TBS

火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(C)TBS

 ナギサの“キュンポイント”を尋ねられると、多部は、「安心感から来るキュンですかね。突然キュンと来るのではなく、安心している中にさりげないキュンがあるような気がします。おじさんのキュン!」とコメント。ナギサを演じる大森については、「普段、現場でおしゃべりをしたり、こういう機会で会ったりすると、ぜんぜん、“おじさんな感じ”がしないのに、すごいおじさんなんです(笑) ナギサさんがすごくおじさんに見えるのがすごいなと思いました」、「ギャップです」などと大森の演技力に脱帽の様子。

火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(C)TBS

 「逃げるは恥だが役に立つ ムズキュン!特別編」放送の際、多部が「私の家政夫ナギサさん」の予告で“恋ダンス”を披露したことが話題となっているが、多部は、「ガチで練習したのは、前日にロケをしながら30分くらいです」と明かした。収録スタジオでは拍手も沸き起こっていたそうだが、多部は、「プロデューサーがめちゃくちゃスパルタで、やたら、はりきっちゃって(笑)」と回顧。「NGなどはなかった?」との質問には、「時間がなくて、“早くしろ”くらいの空気が(笑) プレッシャーの中で『なるべく笑顔で大きく踊ってね』と言われて(笑)」と振り返っていた。

火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(C)TBS

 また、多部は、オンライン会議サービスを利用するのが初めてのようで、手元のパソコンの画面を覗き込み「すごい、こんなの初めてやるから!」と言葉に。さらに、機能のひとつ、ひとつが珍しかったよう。取材は質問者が自身のマイクと映像をその都度オンにする形式で行われたが、1人の記者が質問のために映像をオンにすると、「ああ、すごい!」と歓声をあげていた。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top