秋元真夏、リモート飲み会で10時間半……「何を喋ったのか覚えていない」 | RBB TODAY

秋元真夏、リモート飲み会で10時間半……「何を喋ったのか覚えていない」

エンタメ その他
秋元真夏【撮影:竹内みちまろ】
  • 秋元真夏【撮影:竹内みちまろ】
 乃木坂46・秋元真夏が、22日放送の『かみひとえ』(テレビ朝日系)に出演。リモート飲み会での失態を告白した。


 自粛期間にメンバーとZoom飲み会をしたという秋元。だが何と、ぶっ通しで10時間半も続けていたという。夜8時から始まったその飲み会は朝6時半まで行われていたそうで、「みんなでZoom越しで朝日を見た」と語った。

 しかし結局「何を喋ったのか全然覚えていない」「みんな眠いし、全然分からなかった」と苦笑い。ただし彼女が飲んだ量はさほどたいしたことはなく、アルコール8杯だったという。

 ちなみに番組冒頭、秋元が自分に「国民の嫁」というキャッチコピーを名付けたという話から、ココリコ田中直樹の嫁でもあり、遠藤章造の嫁でもあるなどと盛り上がっていた。それを受けた形で博多大吉が秋元に向かって、「でも“嫁”が10時間で8杯はイヤじゃない?」と、ささやかなダメ出し。「もっと飲んでほしい」と訴え、また「10時間で8杯は粘ったね」と逆に感心していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top