ロックダウン緩和後のマレーシアで暮らすGACKTを取材!撮影はなんと実の姉が担当 | RBB TODAY

ロックダウン緩和後のマレーシアで暮らすGACKTを取材!撮影はなんと実の姉が担当

エンタメ その他
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 6月11日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)では、ロックダウン緩和後のマレーシアで暮らすGACKTを取材。今週、来週と2週にわたって、その生活ぶりが伝えられる。


 新型コロナウイルスの影響で、GACKTの住むマレーシアは3月18日から全土でロックダウンされた。その後、5月4日から条件付きでロックダウンが一部緩和され、外出が認められるように。番組では、ロックダウン緩和後、GACKTが初めて外出した際の貴重な映像などを交え、現在の暮らしぶりにスポットを当てていく。

 買い物に出かけたシーンでは、GACKTが駐車場で意外過ぎる弱点を暴露。GACKTらしからぬ弱点とは?なお、撮影は普段、フィリピンで暮らしているというGACKTの姉が担当。10歳年上の姉は、メディアに露出することがなく、謎のベールに包まれているが、番組では過去に一度だけ露出したことのある貴重な写真を入手。姉の撮影だからこそ出る、GACKTの素の表情にも注目だ。

 『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)は、6月11日21時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top