山里亮太、結婚1周年ケーキを一人で爆食い!加藤浩次ドン引き「まず奥さんに……」 | RBB TODAY

山里亮太、結婚1周年ケーキを一人で爆食い!加藤浩次ドン引き「まず奥さんに……」

エンタメ その他
南海キャンディーズ・山里亮太【写真:竹内みちまろ】
  • 南海キャンディーズ・山里亮太【写真:竹内みちまろ】
  • 山里亮太&蒼井優【写真:竹内みちまろ】
 南海キャンディーズ山里亮太が、8日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に出演。加藤浩次たちからブーイングを浴びる一幕があった。


 この日は、山里が蒼井優との結婚1周年を祝し、人生初のデコレーションケーキ作りに挑む企画の後編。先週に引き続き蒼井がカメラマンとなり、夫の調理姿を撮影、見守った。今回はスポンジケーキ作りからスタート。

 だが、異常なほど慎重かつ几帳面な山里に、思わず「フフフフ……」と笑い声が漏れてしまう蒼井。さらに筆談でアドバイスするなど夫婦の仲の良さが垣間見える場面も。もちろん山里も、教えてもらいたいときは顔を向けて相談していた。

 時折、愚痴もこぼしながらも、ケーキもいよいよ仕上げに。最後に、「俺と優の間に1(周年)があるほうがいい」と、2人の顔をかたどったクッキーの間にスポンジで「1」の字を描くと、思わず蒼井から小声で「かわいい!」の声が入っていた。

 こうして10周年の記念ケーキが完成。だがテーブルに置くやいなや、「このままいくか、贅沢に」と言った山里は切り分けもせず、いきなりフォークで食べ始めるありさま。この様子をVTRで見ていた加藤浩次は「切ったほうがいいよ!何、自分で先に食ってるの!?」、杉山愛や水卜麻美アナも「えっ……」と絶句。

 だが山里は、カメラマン役として今まで撮ってくれていた蒼井に構うことなく、「あま!あま美味い!」と一人、食べた感想を言うのみ。このデコレーションケーキ作りは2日間で10時間以上かかったとのことだが、加藤は「まず奥さんに食べさせないと…フォーク渡せばいいじゃん」とドン引き。

 そんな白々しい雰囲気に気が付いた“天の声”の山里は言い訳として、「結構、長時間働いたから、体が甘みを欲していたんだね」と言い訳しつつ、「皆さんスタジオで『何で先食うんだよ!』って言った時に、『何であいつ先食ってんだろう』と思ったのよ」と冷静に振り返った。

 また加藤から「ずっと撮影してくれた奥さんに『まず、ひと口』って言って食べさせてあげればいいじゃない?」と求められると、「そうよ!加藤さん、それができないのよ、彼」と代弁し、驚かれていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top