「僕は運が良かった」「ひたすら後悔」宮藤官九郎がラジオで外出自粛呼びかけ | RBB TODAY

「僕は運が良かった」「ひたすら後悔」宮藤官九郎がラジオで外出自粛呼びかけ

エンタメ その他
 新型コロナウイルス感染から回復した劇作家の宮藤官九郎が27日放送の『ACTION』(TBSラジオ)に電話で生出演し、「皆さんにお願いします。出かけないでください。そうしないと自分のようにひたすら後悔することになる」と大型連休中の外出自粛を呼びかけた。

 宮藤は、女優の岡江久美子さんが新型コロナウイルス肺炎で死去したことで「改めて病気の恐ろしさを実感した」と話した。岡江さんには以前ミニアルバムを製作した際、ジャケットのモデルになってもらったといい、「文金高島田でお嫁さんの格好。嫁と言ったら岡江久美子さんだと思っていた。気さくで周りを元気にしてくれる人だった」と故人をしのんだ。

 自身についてはPCR検査をすぐに受けられたことや、医療体制がひっ迫するする前ですぐに入院でき、抗インフルエンザウイルス剤アビガンを投与してもらったことを挙げ、「かえすがえすも僕は運が良かった」と振り返った。

 「時間がたって(コロナに感染した前後の)2週間ぐらいのことを思い出してきた」という宮藤。感染の原因について、入院するまでの数日間はずっと寝ていなかったことを明かし、「疲労もあったし、免疫力が下がったと言われればそうなのかもしれない」と推測した。担当医からは「腎盂炎(じんうえん)で体の免疫力が下がっているときに発症したのでは」と言われたという。

 入院初日、担当医に「この間来たときより悪くなってるね。薬飲みましょうか」と言われ、それがアビガンだった。副作用があることを伝えられ、同意書面に署名した上で服用を開始。初日は昼に9錠、夜に9錠で、翌日から4錠ずつの服用となった。その結果、翌日には症状が軽くなり、昼ごろからは食事もとれるようになったという。

 宮藤の感染が分かって以降、家族もずっと自宅から出ず、同じ家の中の別の部屋で過ごしていたという。「濃厚接触者だから調べてもらえると思ったが、『何か症状が現われたら連絡ください。それまで家にいて様子を見てください』と言われ、家族も不安だったと思う」と話した。
《角谷》

関連ニュース

特集

page top