コロナ感染の片岡篤史氏、YouTubeで退院を報告!外出自粛あらためて呼びかける | RBB TODAY

コロナ感染の片岡篤史氏、YouTubeで退院を報告!外出自粛あらためて呼びかける

エンタメ その他
 新型コロナウイルス感染を報告していた元プロ野球選手の片岡篤史氏が24日、自身のYouTubeチャンネルで退院を報告した。


 片岡氏は今月14日に、YouTubeでコロナ感染を報告。病床から鼻に管を通した状態で感染防止を呼びかける衝撃的な姿は多くのメディアで取り上げられ話題となっていた。

 この日、片岡氏は病室で撮影された動画をアップ。「みなさまご心配をおかけしました」と切り出すと「本日4月24日、PCR検査が2回連続で陰性が出ないと退院できないんですけど、今日2回目のPCR検査で陰性の結果が出まして、退院できることになりました」と退院が決まったことを報告した。

 続けて、医療従事者や応援のメッセージを送ってくれたファンへの感謝を語り、「コロナウイルスというのはどこで感染するか分かりません。本当にみなさんこれからも出来るだけ外出を控えていただいて、とにかくコロナにかからない、コロナに負けない生活を送っていただきたいと思います」とあらためて外出自粛を呼びかけた。

《松尾》

関連ニュース

特集

page top