『夜ふかし』SPで異常事態…村上・マツコ“音声”出演に驚きの声 | RBB TODAY

『夜ふかし』SPで異常事態…村上・マツコ“音声”出演に驚きの声

エンタメ その他
マツコ・デラックス【写真:竹内みちまろ】
  • マツコ・デラックス【写真:竹内みちまろ】
 13日放送の『月曜から夜ふかしスペシャル』(日本テレビ系)で、司会である関ジャニ∞村上信五とマツコ・デラックスが音声のみの出演という前代未聞の出来事が起きた。


 番組オープニング、本来であれば2人が座るソファには誰もおらず、さらには観客はおろか、スタッフもいない無人のスタジオが映し出された。その上で、「今回は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、多くのスタッフやカメラ スタイリストやメイクさんが集まる通常の収録をやめ、安全に配慮したうえで村上 マツコの音声のみをお届けしていきます」というテロップが打たれた。

 ここで村上が「さあ、今日は声だけ……」と言うと、マツコは「テレビにはどういう状況で映ってるの?」と困惑。スタッフから「スタジオの空画(からえ)に音だけ入ってる」という回答があった。

 どういう形で音声収録しているのかカメラを向けると、おそらくスタジオの暗幕の外にある広いスペースであろう場所に、数メートル離れて別々のソファに座る村上・マツコの静止画が。

 多少なりとも映ることが分かったマツコは「よかったわ、やっぱりメイクしてきて」と安堵。ただ「美容室にも行けないから、爪が凶器みたいになってきている」とし、「どうにかしてくれないとコレ」と訴えた。

 そして村上が「スーパーミニマムな状況」と切り出すと、マツコは「なんか不要不急って言われるたびに、私のことだっていう……」と、自分が社会にとって不要ではないかと疑心暗鬼。さらに先が見えない日本に「一緒に畑でも耕し始める?」と村上に持ち掛けつつ、「これ(同番組)がせめてもの、殺伐とした日々の一服の清涼剤になっていただけば」と願っていた。

 このあと番組では、株主優待だけで暮らす将棋棋士で投資家の桐谷広人さんのマイホーム購入プロジェクトや、フェフ姉さんの肉体改造などが特集されたが、
いつものワイプ画面はなく、村上とマツコは音声でのリアクションが続いた。

 SNS上では異例の事態に「何だか今日の放送 寂しいな(笑)」「悲しい」といった意見も見られたが、反対に「シュールだけど新鮮」「音声のみってラジオみたいで面白い」と、好意的に受け止めるユーザーもいた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top