嵐ファンの森三中・大島、『VS嵐』ゲーム攻略法をメモ | RBB TODAY

嵐ファンの森三中・大島、『VS嵐』ゲーム攻略法をメモ

エンタメ その他
森三中・大島美幸(撮影:編集部)
  • 森三中・大島美幸(撮影:編集部)
 森三中の大島美幸が、9日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)に出演。同番組のゲーム攻略法をメモしていることが分かった。


 13年来の嵐ファンで、同番組もよく見ているという大島。最初の種目である風船を吹き矢で狙い撃つバルーンシューティングに関して、自分で書いたメモを見ながら「迷いがあるとブレる。だから、一息に思い切りいってください」とアドバイスした。

 さらに最終種目のボンバーストライカーに臨む際も大島はメモを持ちながら、「相葉さんが1人目(の挑戦者)というのは勝ちパターン。めちゃめちゃ強いボール投げて全部なぎ倒してくれる」、さらに櫻井翔に関しても「パーフェクト出すとこのポーズやりがち」と、ひとさし指にキスをして高々と掲げるポーズをしながら、そのクセを暴露していた。

 この日は新ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』(同系)チームが登場。そのキャストの一人である松本穂香が、母親が嵐ファンであることを告げ、母と一緒に何度かライブにいったことを明かした。

 これに食いついたのがやはり大島。「何のライブ行ったんですか?」と質問。松本が、2012年11月から年明け1月まで行われたライブツアー「Popcorn」の大阪公演に行ったというと、大島は「私は北海道のほうに行ったんですよ」と自慢。お互い、嵐トークで盛り上がっていた。

 この日は嵐チームのプラスワンゲストとして、村上知子とともにやってきた大島。この日の番組収録は先月27日に行われたが、もう1人の黒沢かずこは体調不良のため出演を見合わせたことが各社の報道で分かっている。この後、黒沢は今月3日、新型コロナウイルスに感染しているとの診断結果を受け、自宅療養を続けている。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top