カトパンものまね芸人・餅田コシヒカリ、ゴミ屋敷に住んで7年!掃除は1度だけ | RBB TODAY

カトパンものまね芸人・餅田コシヒカリ、ゴミ屋敷に住んで7年!掃除は1度だけ

エンタメ その他
餅田コシヒカリ【写真:竹内みちまろ】
  • 餅田コシヒカリ【写真:竹内みちまろ】
 加藤綾子のものまねで人気の女芸人・駆け抜けて軽トラの餅田コシヒカリが、6日に放送された『有吉ゼミ』(日本テレビ系)に出演。ある告白をしてスタジオを騒然とさせた。

 「アブない芸能人のリアルな実生活から現代社会を学ぶ」をテーマにVTRで検証するバラエティ。今回は、どきどきキャンプ・佐藤満春、Creepy Nuts・DJ松永、ワタリ119がゴミ屋敷片付けレスキューを結成し、餅田の自宅へと突撃した。

 彼女の自宅に入ると、ゴミ袋、洋服、弁当の器などが散乱し、床一面全く見えない状態に。1年前に母親が掃除をしたものの「それから一度も掃除していない」と告白。7年間同じ部屋に住んで、掃除はその1度きりだと明かした。続けて、ベッドを枕代わりに、食事、メイクをすべて同じ場所でしているため全く動かず「太ってしまって……体重は80キロ」と語った。

 今回の彼女の依頼は、失くしてしまったイヤリングを探してほしいというもの。餅田が仕事に行っている間、3人は掃除をするのと同時に探し物を見つけることにした。部屋を掃除していると、小銭や9万円分の商品券などを発見。その中で、ようやくイヤリングやイヤホンも見つけた。3時間後に掃除は終了。部屋をキレイにするだけでなく、新しいベッドの設置やメイクスペースも用意した。あまりの変貌ぶりに、餅田は大喜びしていた。
《浜瀬将樹》

関連ニュース

特集

page top