イチゴの実は小さなつぶつぶのほう?!「ざんねんないきもの事典」最新刊の内容が一部公開 | RBB TODAY

イチゴの実は小さなつぶつぶのほう?!「ざんねんないきもの事典」最新刊の内容が一部公開

エンタメ その他
『さらにざんねんないきもの事典』(高橋書店)
  • 『さらにざんねんないきもの事典』(高橋書店)
  • 『さらにざんねんないきもの事典』(高橋書店)
  • 『さらにざんねんないきもの事典』(高橋書店)
  • 『さらにざんねんないきもの事典』(高橋書店)
  • 『さらにざんねんないきもの事典』(高橋書店)
  • 『さらにざんねんないきもの事典』(高橋書店)
  • 『さらにざんねんないきもの事典』(高橋書店)
 「ざんねんないきもの事典」シリーズ第5弾となる『おもしろい!進化のふしぎ さらにざんねんないきもの事典』(高橋書店)が4月28日に発売される。このほど、同書の内容の一部が公開されている。


 『ざんねんないきもの事典』シリーズは、「どうしてそうなった!?」と思わずツッコミたくなる、一生懸命だけどどこか“ざんねん”な進化を遂げた生き物紹介した児童書。

 最新刊として発売される第5弾では、生き物同士の関係性から生まれる「ざんねんネタ」が新章として登場。生き物たちは、さまざまな環境で相互に関わり合いながら生活しているわけだが、こうした相互関係を知ることで生き物への理解を深める効果や、再発見が期待できる。

 たとえば、「ミーアキャットはクロオウチュウにだまされる」「メロンは傷だらけ」といったものから、「ウミグモはエボシガイたちのタクシーにされる」「麹菌は納豆菌の勢いについていけない」や、「イチゴの実は小さなつぶつぶのほう」など、身近だけど新しいネタも満載。ほか、おなじみの動物や、新登場の生き物も多数登場するという。

 『おもしろい!進化のふしぎ さらにざんねんないきもの事典』(高橋書店)は、4月28日発売。
《KT》

関連ニュース

page top