「新作を書いても、書いても、けなされて......」直木賞作家・角田光代が不遇時代明かす | RBB TODAY

「新作を書いても、書いても、けなされて......」直木賞作家・角田光代が不遇時代明かす

エンタメ その他
(C)MBS
  • (C)MBS
  • (C)MBS
  • (C)MBS
  • (C)MBS
 3月21日放送『サワコの朝』(MBS)には、ゲストに直木賞作家の角田光代が登場する。


 1990年、23歳の時に『幸福な遊戯』で海燕新人文学賞を受賞し作家デビューを果たした角田。2005年には『対岸の彼女』で日本を代表する文学賞、直木賞を受賞した。独自の視点から女性心理を細やかに描く作品は、多くのファンを魅力している。

 番組では、意外にもデビュー後からしばらくは、作品が全く評価されない不遇の時代を過ごしたことを告白。「新作を書いても、書いても、けなされて......」など、酷評されて苦しんだ当時を明かしていく。さらに、「一番最低にドヨーンとした時には、3ヶ月間小説を書くのを辞めました」と振り返り。角田がつらさのあまり突っ走った意外な行動とは!?

 執筆を再開した角田が発表したのは“隠し事をしない家族”といいつつ実は、それぞれが秘密を抱いていたという家族の光と闇を描いた『空中庭園』。そこには、久世光彦さんからの書評が深く関わっているそうで......知られざるヒット作の執筆秘話とは?!

 『サワコの朝』(MBS)は、3月21日7時30分から放送。
《KT》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

page top