香川照之らメインキャスト続投決定!日曜劇場『半沢直樹』続編 | RBB TODAY

香川照之らメインキャスト続投決定!日曜劇場『半沢直樹』続編

エンタメ 映画・ドラマ
日曜劇場『半沢直樹』(C)TBS
  • 日曜劇場『半沢直樹』(C)TBS
 4月スタートの日曜劇場『半沢直樹』(TBS系)にて、堺雅人、上戸彩に続き、前作に出演したメインキャストたちの続編への出演が決定した。


 前作では、東京中央銀行のバンカー・半沢直樹(堺雅人)が、銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするも、まさかの子会社への出向を命じられるという衝撃の展開で最終回を終えた。今作では、東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件が描かれる。果たして半沢は、出向先でも次々に発生するトラブルを乗り越え、理不尽な要求を突き付ける相手に「倍返し」出来るのか!?

 このほど、続投が決定したのは半沢(堺)の同期かつ頼りになる情報通で東京中央銀行融資部の渡真利忍を演じる及川光博、東京で金融庁検査局主任検査官として常に半沢の前に立ちはだかった黒崎駿一役の片岡愛之助、前作で半沢に東京セントラル証券への出向を命じた東京中央銀行の頭取・中野渡謙役の北大路欣也、怪演ぶりが大きな話題となった常務・大和田暁役の香川照之。

 及川は続投決定について「感覚を呼び起こすために前作を久しぶりに観ました! 大変面白かったです! ファンの皆様の期待値も高いことと存じます」とコメント。片岡は、「前回の『半沢直樹』によって私は全国の皆様に“オネェキャラ”として認識されました(笑)この作品は社会に対して物凄い影響力を持っているんだと実感しましたし、今回も日本中に元気と活力を届けられるような作品にしたいと思います!」と意気込み。

 北大路は「頭取・中野渡謙という人物を、私なりに、“らしさ”に集中していきたいと思っております。視聴者の皆様には、“真の正義”とは、という視点で思いっきり楽しんでいただきたいです」と語ったほか、香川は「私の演じた大和田常務は、前作で半沢に屈して失脚したあと、原作には登場しておらず、実はあの土下座のその後が描かれておりません。『封印された大和田』をいかに解放し、いかに命を吹き込むか、持てる精魂を懸命に尽くしたいと思っています」と自身の役どころについて語っている。

 日曜劇場『半沢直樹』(TBS系)は、4月スタート。
《KT》

関連ニュース

page top