西野七瀬、医療ドラマ初挑戦!新ドラマで薬剤師役に | RBB TODAY

西野七瀬、医療ドラマ初挑戦!新ドラマで薬剤師役に

エンタメ 映画・ドラマ
『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(C)フジテレビ
  • 『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(C)フジテレビ
  • 『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(C)フジテレビ
 4月スタートの新ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)に、西野七瀬らの出演が決まった。


 同ドラマは、石原さとみが主演を務める、連ドラ史上初となる病院薬剤師が主人公の医療ドラマ。石原演じる萬津総合病院薬剤部の病院薬剤師・葵みどりが、患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために奮闘する姿が描かれる。

 病院薬剤部メンバーによるチームワークが見どころの一つとなるが、このほど薬剤部メンバーとして相原くるみ役で西野七瀬の出演が決定。「医者は無理そうだけど、薬剤師なら自分でもできそうだし、医者ほど責任は生じないだろう」という消極的な理由で薬剤師の道を選んだが、石原演じるみどりの姿を近くで見るうちに、仕事に対する意識が変わっていく。西野は今作が医療ドラマ初出演、フジテレビの連続ドラマにも初出演となる。さらに石原さとみとは初共演。

 ほか、薬剤部メンバーとして桜井ユキ、井之脇海、金澤美穂の出演が決定。さらに、ひょんなことからみどりと出会う青年、小野塚綾役に清原翔の出演も決定した。

 西野は今作について「薬剤師の方には日頃の生活でお世話になっていますが、お仕事の中身についてはあまり知りませんでした。台本を読むことで、薬剤師の仕事内容を初めて知ることも多くて、ストーリーも面白いので、演じていくのがとても楽しみになりました」とコメント。視聴者に向けては「私と同じように、薬剤師のお仕事をあまりご存知ない方もいらっしゃると思います。私が演じるくるみは、新人として薬剤師の仕事を覚えていくので、そんなくるみと同じ目線で、薬剤師のお仕事を知っていただきながら、ドラマを楽しんでいただけたらうれしいです」と呼びかけている。

 ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)は、4月スタート。毎週木曜22時から放送される。
《KT》

関連ニュース

page top