金爆・鬼龍院、今も月収100万円!「カラオケは大きい」 | RBB TODAY

金爆・鬼龍院、今も月収100万円!「カラオケは大きい」

エンタメ その他
鬼龍院翔《撮影:椿山和雄》
  • 鬼龍院翔《撮影:椿山和雄》
 ゴールデンボンバー鬼龍院翔が、14日放送の『沸騰ワード10』(日本テレビ系)に出演。月収を告白する一幕があった。


 この日、鬼龍院は「パンに取り憑かれた芸能人」として登場。1年前にもこのテーマで出たことがあり、その時の反響をの大きさに驚いたと語った。

 今回は、こだわりトッピングのパン作りをすることに。オーブンで焼きあがる間、取材ディレクターから「5分待つ間にせっかくなので印税の話を聞いても……」とふられると、「なんでパンを焼く間に印税の話をするんですか?」と苦笑いしながらも「今年も月100万円ぐらいはもらってるかもしれない」とあっさり告白。

 さらに「本当にみなさんに歌っていただけるから」と告げた。ディレクターが「(印税は)全部カラオケなんですか?」と聞くと、「やっぱりカラオケは大きいですね」と回答した。

 その印税について「樽美酒さん(樽美酒研二)のところにも届いているんですか?」という質問が及ぶと、「樽美酒さんは(歌を)作っていない」とし、作詞・作曲印税は「他のメンバーには入らない」とも明かした。

 続けて「ライブは一緒にやるんで、(ライブのギャラは)4等分、分配されます」と話しているうちにオーブンが鳴り、パン作りを再開していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top