長谷川博己、大河『麒麟がくる』共演・川口春奈を絶賛「意表を突いた芝居をする」 | RBB TODAY

長谷川博己、大河『麒麟がくる』共演・川口春奈を絶賛「意表を突いた芝居をする」

エンタメ その他
長谷川博己【撮影:浜瀬将樹】
  • 長谷川博己【撮影:浜瀬将樹】
  • 川口春奈【錦怜那】
 19日から始まるNHK大河ドラマ『麒麟がくる』主演の長谷川博己が、18日放送の『土曜スタジオパーク』(同系)に出演。共演者の川口春奈について評する一幕があった。


 この日は川口からメッセージVTRが到着。長谷川とは初めての共演となるそうだが、彼について「本当に穏やかで仏みたいな方」と語り、「いつも癒されている」と語った。また深夜まで続いた撮影の後、長谷川の誘いで、スタッフも交えて飲んだこともあったといい、「不安もある中ですごく救われた」と感謝した。

 麻薬取締法違反罪に問われて降板した沢尻エリカ被告の代役として、撮影に途中合流した川口。長谷川は、そんな彼女を飲みに誘った真意について「入ってきたばかりだったのでコミュニケーションも取りたかった」と明かした。

 戦国時代の武将・斎藤道三の娘、帰蝶(濃姫)を演じている川口。長谷川はそんな彼女について「初々しくて姫っぽい魅力もすごくある」と評価。一方で「結構、意表を突いた芝居をする」とも述べ、「そういうところが帰蝶という役にぴったり」と絶賛していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top