第162回芥川賞は古川真人『縫わんばならん』に決定!直木賞は川越宗一『熱源』に! | RBB TODAY

第162回芥川賞は古川真人『縫わんばならん』に決定!直木賞は川越宗一『熱源』に!

エンタメ その他
 「第162回芥川龍之介賞」と「第162回直木三十五賞」が15日、公式サイトで発表された。芥川賞を古川真人の『背高泡立草』が、直木賞を川越宗一の『熱源』が受賞した。


 芥川賞を受賞した古川は2016年に『縫わんばならん』で第48回新潮新人賞を受賞しデビュー。芥川賞にはこれまで3回候補として名前が上がっており、今回4回目の候補で受賞が決定した。

 また、川越は初ノミネートで直木賞を受賞。2018年に『天地に燦たり』で第25回松本清張賞を受賞しデビュー。受賞作の『熱源』は第9回本屋が選ぶ時代小説大賞を受賞していた。

 なお、他の芥川賞候補は木村友祐の『幼な子の聖戦』、高尾長良(「高」は正確には「はしごだか」)の『音に聞く』、千葉雅也の『デッドライン』、乗代雄介の『最高の任務』の4作。直木賞には小川哲の『嘘と正典』、呉勝浩の『スワン』、誉田哲也の『背中の蜘蛛』、湊かなえの『落日』がノミネートしていた。

【ピックアップ】
・注目アイドルの写真集・DVD満載……セクシーグラビア一挙公開
・橋本環奈、久松郁実、伊織もえ……セクシー写真集続々!注目の写真集まとめ
・【TGS 2019】美人!可愛い! コスプレイヤー&コンパニオンを激写(その1)
・アイドルがセクシーランジェリーショット公開……柏木由紀、小嶋陽菜、内田理央
《松尾》

関連ニュース

特集

page top