西川史子、「ゴーン被告の物件借主はレバノン政府」発言を説明 『サンジャポ』で言ったのにスルーされた | RBB TODAY

西川史子、「ゴーン被告の物件借主はレバノン政府」発言を説明 『サンジャポ』で言ったのにスルーされた

エンタメ その他
西川史子【撮影:竹内みちまろ】
  • 西川史子【撮影:竹内みちまろ】
 西川史子が、12日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告について言及する一幕があった。


 日本から中東・レバノン共和国に逃亡したゴーン被告。この話題について8日の『グッとラック!』(同系)で紹介された際、西川は友人の話として、保釈された後のゴーン被告から「家を貸してほしい」「内見に来たい」という依頼があったと説明。その書類の借主の欄に「レバノン政府」と書いてあったと明かした。

 これについて立川志らくは「何気ない会話で出ましたけれども、結構大きい情報ですよ」と慌てていたが、これが一部ネットニュースとなり反響を集めていた。

 そんな西川はこの日、改めて『グッとラック!』で述べた内容を語りながら、「レバノン政府が協力してるんだということにすごい驚いて、ここで言ったんですよ一回。そしたらスルーしたんですよ」と、すでに『サンジャポ』で取り上げたのだという。

 ただその時はゴーン被告とレバノン政府との関連性がここまでクローズアップされていなかったためスルーされてしまったようだが、「(『グッとラック!』では)志らくさんが拾ってくださって話題になりましたけど、ここで言ったのに、みーんなシレーっと(無反応だった)」と語った。

 ちなみに、気になる物件の貸与について西川は、友人から「どう思う?」と相談されたため、「マスコミの人たちが来るから辞めておいたほうがいいんじゃない?」とアドバイス。結局契約には至らなかったと話していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top