中谷美紀、ドイツ人ヴィオラ奏者との結婚秘話を明かす「本当に偶然」 | RBB TODAY

中谷美紀、ドイツ人ヴィオラ奏者との結婚秘話を明かす「本当に偶然」

エンタメ その他
中谷美紀  (c) Getty Images
  • 中谷美紀  (c) Getty Images
 中谷美紀が、10日放送の『ぴったんこカン・カンスペシャル』(TBS系)に出演。ドイツ人ヴィオラ奏者の夫とのなれそめを明かした。


 2018年11月、中谷はウィーンフィルハーモニー管弦楽団に在籍する、ドイツ人ヴィオラ奏者と結婚し、現在はオーストリアを拠点に生活しているという。ここで安住紳一郎アナが「一番最初はヴィオラ奏者の方と、どこで出会ったんですか?」と質問。

 それに対し「それ聞くんですか?」と若干、戸惑っていた中谷だったが、「本当に偶然なんですよ」と言いながら、気になる出会い秘話を披露。ある店で一人で食事をしている際、彼女の携帯電話が鳴ったという。突然の着信音に周囲に「ごめんなさい」と謝ったのだが、ふと、隣の席にいる3人組が、聞きなれない言語で会話していたのだとか。

 中谷が「どちらからいらしたんですか?」と聞くと、彼らは「ザルツブルク」と回答。中谷は「いつかザルツブルク音楽祭に行くのが夢だったんです」と返すなど話が盛り上がり、なんと彼らと相席することに。

 さらに彼らの中に、のちの夫がいたのだが、彼はウィーンフィルハーモニーの東京公演中だったそう。夫は「公演が終わったら、金沢に行きたい。金沢でいいお店がないか」と聞いてきたため、中谷の知っている金沢の寿司店を紹介するなどやり取りしているうちに交際に発展したと振り返った。

 そんな出会いに安住アナは「運命ですねぇ」と、しみじみ。VTRを見ていた久本雅美は「携帯、鳴らそう」と心に決めていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top