柄本時生、『絶対零度』ゲスト出演! 約10年ぶりに民放ドラマ親子共演 | RBB TODAY

柄本時生、『絶対零度』ゲスト出演! 約10年ぶりに民放ドラマ親子共演

エンタメ 映画・ドラマ
(c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
 1月6日スタートの新ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)第1話に、柄本時生のゲスト出演が決まった。民放ドラマで、柄本明との親子共演が約10年ぶりに実現する。


 前作『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』は、2018年7月クールの月9ドラマとして放送され、平均視聴率10.6%を獲得した。今作は、大規模なテロが今まさに起きようとしている数カ月後の未来から物語が始まる。

 第1話にゲスト出演が決定した柄本時生は、前作で、資料課に所属する南彦太郎としてレギュラー出演していが、今回は同役にてゲスト出演。南は、入庁以来ずっと資料課に所属し、人付き合いが苦手。パソコンには精通しており、勤務中もパソコンに向かって引きこもり状態という人物。今作で南は、井沢範人(沢村一樹)、山内徹(横山裕)、小田切唯(本田翼)らと共に、ミハンシステムの割り出した危険人物の捜索のため、クルーズ船での潜入捜査を行う。

 劇中で南は新たにミハンメンバーとなる、柄本明演じる加賀美聡介とも遭遇。『Q10』(日本テレビ系/2010年10月クール)以来、民放ではおよそ10年ぶりとなる柄本明と柄本時生の親子共演にも注目だ。

  柄本時生は、今回の親子共演について「この前まで、『BS笑点ドラマスペシャル 初代 林家木久蔵』(BS日テレ/2020年1月11日放送)で一緒に撮影をしていたので、取り立てて感想などはありませんが、本音を言えば親子共演は嫌ですね(笑)。家族で一緒というのは恥ずかしいですから(笑)」とコメントを寄せた。

 『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』は、1月6日21時からスタート。
《KT》

関連ニュース

page top