GACKT、『人志松本のすべらない話』初出場に「緊張で気分が悪くなりました(笑)」 | RBB TODAY

GACKT、『人志松本のすべらない話』初出場に「緊張で気分が悪くなりました(笑)」

エンタメ その他
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 1月11日放送の『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)に、GACKTが初出場することが決まった。


 GACKTは、出演冒頭から緊張気味。松本人志からこれを指摘されると、「あまりプレッシャーを感じるタイプではないのですが、本当に胃が痛い」と、初出場の緊張感を素直に吐露。俳優や実業家など多方面で活躍するGACKTが、番組でどのような話を披露するのかに注目が集まる。

 番組オファーを聞いた感想について、GACKTは「デビュー20周年ということもあったので、“良い形で20周年を迎えられればな”と、(出場は)運試し的な要素が大きかったです。周りのスタッフからは、皆さんのレベルが高いからと心配されましたが、案の定、楽屋に入った時から緊張で気分が悪くなりました(笑)。あまりの緊張に我慢できなくて、少しお酒を飲んでしまいました(笑)」とコメント。

 収録を終えた感想について「無事に終わって良かったなと。ただ、収録の緊張感は、ハンパなかったです(笑)。自分の過去の話はいくつかあったので、その話をするしかないなと思っていましたが、芸人ではない僕に対して大目に見てくれたのか、自分が面白いと思っていた話を皆さんにも面白いと感じてもらえてホッとしています」と語った。

 なお、番組には他にもゲストとして、古舘伊知郎とファーストサマーウイカが出演。古館は、第30回記念大会(2016年7月9日)で初出場ながらMVS(Most Valuable すべらない話)を獲得。それ以来、およそ3年半ぶり2度目の出場となる。一方のファーストサマーウイカはGACKT同様に初出場。ほか、松本、千原ジュニア、宮川大輔、川島明(麒麟)、後藤拓実(四千頭身)、小籔千豊、中岡創一(ロッチ)、兵藤大樹(矢野・兵藤)、さらに同日13時30分から放送の事前番組『ジュニア千原と大輔宮川のすべらない話 THEオーディション』で勝ち抜いた1名を加えた、計12名が35回大会に出場を果たす。

 『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)は、1月11日21時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top