“洞窟ハンター”や“怪魚ハンター”の女性に密着!『ハンターガール』1月2日放送 | RBB TODAY

“洞窟ハンター”や“怪魚ハンター”の女性に密着!『ハンターガール』1月2日放送

エンタメ その他
(c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
 2020年1月2日23時40分からは、様々な分野で活躍する日本人女性たちの驚きの“狩り”に密着した番組『ハンターガール~世界の“狩女”に密着~』(フジテレビ系)が放送される。


 1人目のハンターガールとして登場するのは「洞窟ハンター」山口夕佳里。身長138センチの小柄な体を活かし、狭いところをすり抜け、今まで300以上の洞窟を探検してきた。そんな彼女は今回“前人未到の絶景”をハントするためにラオスへと向かう。挑戦する洞窟は垂直に広がる縦穴。その深さはなんと400m以上で、東京タワーがすっぽり入ってしまうもの。以前は看護師だったという彼女が洞窟探検家に転身したきっかけや、洞窟での寝食など素朴な疑問にも迫る。

 2人目のハンターガールは、「怪魚ハンター」マルコス。濃い目のギャルメイクの見た目からは想像できない世界屈指の怪魚ハンターで、その実力は世界大会の日本代表に選ばれるほど。彼女が今まで一人で釣り上げてきたのは、大型肉食魚・アリゲーターガーや2mを超すホワイトスタージョンなど20種類以上。今回狙うのは“ヒマラヤにすむ神の魚”と言われるゴールデンマハシール。果たして、“ヒマラヤにすむ神の魚”を釣り上げることはできるのか?番組では、彼女のこれまでの人生、恋愛観、結婚観にも迫る。スタジオでは、小手伸也、吉村崇(平成ノブシコブシ)、矢田亜希子、高橋ユウがハンターの活躍を見守る。

 ゲストに登場した矢田亜希子は、ハンターの2人について「本当に2人ともたのもしくて、見ていて楽しかったです。アウトドアというと力仕事だったり、男性にたよりがちだと思うのですが、あれだけ強い女性がいたら自分も何かできちゃうかもしれないと思いましたし、何より勇気をもらいました」とコメント。高橋ユウは、番組について 「女性なのに力強くて、でもかわいらしさもあって笑顔が魅力的で。勇気も元気ももらえるし、力がみなぎる番組だと思います」とコメントを寄せている。

 『ハンターガール~世界の“狩女”に密着~』(フジテレビ系)は、2020年1月2日23時40分から放送(※関東ローカル)。
《KT》

関連ニュース

page top