浅田真央、現役引退の理由は「心身ともに限界」 迷走期の活動も語る | RBB TODAY

浅田真央、現役引退の理由は「心身ともに限界」 迷走期の活動も語る

エンタメ その他
浅田真央【撮影:こじへい】
  • 浅田真央【撮影:こじへい】
 フィギュアスケート元世界女王の浅田真央が、18日放送の『1周回って知らない話』(日本テレビ系)に出演。現役を引退した理由や、その後の“迷走”ぶりを語った。


 2017年4月、競技選手としての現役引退を表明した浅田。東野幸治から「引退直後はスケートから離れた?」と聞かれた彼女は、「全部やめました。スケート靴も捨てようと思った」と、当時の心境を吐露。

 浅田はその理由について、「それぐらい心も体も限界を超えていた」「(後半は)無理をして続けていた部分もあったので『もうスケートはいいや』って」と説明。

 だが5歳からリンクに立っていた浅田は、「いざスケートがなくなった時に、自分に何ができるのか、何がしたいのか分からなくなった」と回顧。さらに、その時期の行動について彼女は、料理教室に半年間通うも食べるほうが楽しくて料理は上達しなかったこと、一人で焼肉店や寿司店などを食べ歩いたことなど、数々の“迷走”を自ら告白。

 さらに「これがまさしく私が引退してからやりたかったことの1つ」と述べたのがアイスホッケー。そのためにヘルメットやスティック、スケートなど一式を購入して試合に出たのだが、相手チームは気を遣って攻撃してこなかったという。そして現在は1周回って、自らの原点でもあるフィギュアの世界に戻り、アイスショーのプロデュースに力を入れていると話していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top