吉岡里帆、『ちびまる子ちゃん』にゲスト登場!「うるっとくるものがあった」 | RBB TODAY

吉岡里帆、『ちびまる子ちゃん』にゲスト登場!「うるっとくるものがあった」

エンタメ その他
(C)さくらプロダクション/日本アニメーション
  • (C)さくらプロダクション/日本アニメーション
  • (C)さくらプロダクション/日本アニメーション
  • (C)さくらプロダクション/日本アニメーション
 毎週日曜日に放送のアニメ『ちびまる子ちゃん』で、10週連続ゲスト声優まつりが開催されている。12月1日には広瀬アリス、8日は三浦翔平、そして明日15日のとりをつとめるのが女優の吉岡里帆だ。

 吉岡は「まる子の孫がやってきた?」の巻に登場。どことなくまる子に似ているという学生<吉田リホ>。東京から、おばあちゃんの故郷だという清水の町に、おばあちゃんの“思い出の音”を録音しにやってきたリホは、道ばたで学校帰りのたまちゃんと偶然出会う。翌日まる子も一緒に再びリホと会うが、リホは妙にまる子と気が合う。そんな二人の様子をみていたたまえが、もしかしたらリホは未来からタイムマシンに乗って清水の町にやってきたまる子の孫ではないかと言い出した。すっかりその気になったまる子はリホを家に連れて帰り、家族みんなに孫だと紹介する。

 吉岡里帆は「ちびまる子ちゃんは子供の時から大好きで、毎週欠かさず見ていたので、自分が一緒に参加できると分かったときはうれしすぎてそわそわしました」とし、「まるちゃん、たまちゃん、さくら家の皆さんが、本当に温かく迎え入れてくれて、そこにじーんときてうるっとくるものがありました」とコメントしている。

 吉岡は13日インスタグラムを更新し、『ちびまる子ちゃん』の登場シーンを公開。「スタッフさんの愛情がたっぷりの物語です。色々な見方、色々な感じ方が出来ます」とアピールしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

page top