吉沢悠や北村匠海、尾上松也も!『半沢直樹』SPドラマに追加キャスト決定! | RBB TODAY

吉沢悠や北村匠海、尾上松也も!『半沢直樹』SPドラマに追加キャスト決定!

エンタメ 映画・ドラマ
(C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
 2020年4月からスタートするテレビドラマ『半沢直樹』続編の放送に先駆けて、2020年1月3日にスペシャルドラマ『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ』(TBS)が放送される。このほど、豪華な追加キャストが決定した。


 前作で、銀行内で行われていた数々の不正を幾度となく暴き、痛快な逆転劇を見せた堺雅人演じる半沢直樹。しかし最終回では、頭取からまさかの子会社への出向を命じられてしまった。スペシャルドラマは、半沢がその子会社「東京セントラル証券」に赴任した後に起きるある事件を中心に展開される。主人公の敏腕プログラマー・高坂圭を吉沢亮が、半沢の出向先の新入社員・浜村瞳を今田美桜が演じることが発表されている。

 今回出演が決定したのは5人。高坂が働くIT企業「スパイラル」開発部のリーダー格・若本健人役を吉沢悠、「スパイラル」の専務・加納一成役を井上芳雄、高坂と過去に因縁のある謎の人物・黒木亮介役を北村匠海。そして「スパイラル」の社長・瀬名洋介役を尾上松也、「東京セントラル証券」情報システム部の主任の城崎勝也役を緒形直人が演じる。また、加納と瀬名は、4月に放送を控えた続編の原作にも登場する人物。シリーズの展開においても重要な鍵を握る人物となる。

 スペシャルドラマ『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ』(TBS)は2020年1月3日23時15分から放送。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top