新春ドラマスペシャル『最後のオンナ』に千葉雄大・岸本加世子出演決定 | RBB TODAY

新春ドラマスペシャル『最後のオンナ』に千葉雄大・岸本加世子出演決定

エンタメ 映画・ドラマ
(C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
 2020年1月6日放送のテレビ東京開局55周年特別企画 新春ドラマスペシャル『最後のオンナ』に、千葉雄大および岸本加世子の出演が決まった。


 同ドラマは、無口で無表情な老舗おかき屋社長の“昭和男”が、初恋の人によく似た女性と偶然出会うところからはじまる痛快ホームコメディー。地位も名声もお金も、すべてを手に入れた男の胸に蘇る青春時代の恋。遺産目当てを疑う娘の反対を押し切り、2人の恋は成就するのか?そして物語はやがて家族を巻き込んだ大騒動に発展し......。同ドラマ主演で、主人公である、スナック「ビーナス」のママ・山田美奈子を演じるのは、藤山直美。ほか、岸部一郎・深津絵里・香川照之らの出演が決まっている。

 そんな同ドラマで千葉雄大が演じるのは、スナック「ビーナス」の従業員で美奈子(藤山直美)とも息ぴったりな森山賢太役。そして、岸本加世子は、「ビーナス」の常連客で美奈子に絶大な信頼を寄せる北野友美を演じる。岸本は、同局ドラマ出演が『松本清張没後10年特別企画・家紋』(2002年)以来、実に18年ぶりとなる。

 出演が決まった千葉は、「そうそうたる皆さんとご一緒できるということが嬉しかったです。最近は現場で最年少ってのはあまりなかったので緊張が一番ありましたけど、演じていて楽しかったです」と心境をコメント。視聴者に向けては「ちょっとクスッとくる温かさがあって、すごく魅力的な家族だなと思いました。本当に温かいお話なので、ぜひたくさんの人に見てもらいたいなって思います」と呼びかけた。

 岸本は、「藤山さんは大好きな女優さんなので今回のお話を頂いた時は
本当に嬉しかったです」とドラマ出演についてコメント。「こんなママがいて、楽しい常連さんがいてというお店だったら毎日来たいなと思いながらの撮影でした」と語っている。


 ドラマ『最後のオンナ』は、2020年1月6日20時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top