杏、“世界遺産”百舌鳥・古市古墳群のナゾに迫るべく現地へ「取材の順番が最高でした」 | RBB TODAY

杏、“世界遺産”百舌鳥・古市古墳群のナゾに迫るべく現地へ「取材の順番が最高でした」

エンタメ その他
(C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
 12月15日18時からから放送の『世界遺産』(TBS系)では、番組ナレーション担当の杏が現地へ。百舌鳥・古市古墳群(大阪府)のナゾに迫る。


 今年、新しく世界遺産に登録された同古墳群。世界最大級の墳墓・仁徳天皇陵古墳など、「世界遺産」に登録された古墳は49基。誰がなぜ、何のために巨大な古墳をたくさん作ったのか?同日放送では、日本古代史のナゾに迫っていく。当日取材に向かう杏は、2017年10月から番組のナレーションを担当しているが、現地取材に向かうのは今回が初。歴史好きの杏が、古代の巨大建造物にいったい何を感じるのか注目だ。

 見どころは、空から見た古墳群、そして30年ぶりにテレビカメラが入った羽曳野市の峯ヶ塚古墳。かつて日本武尊(ヤマトタケル)の墓とされていた同墓は、通常非公開。この古墳に、杏が上陸する。

 杏は、「今回は取材の順番が最高でした。まず空から仁徳天皇陵古墳の大きさを見て、次に実際に峯ヶ塚古墳に上陸して、それから発掘されたものの知識を博物館で得てから、作られた当時の姿をした五色塚古墳に行くというのは、古墳を理解するにはとても良い順番でした」と取材に満足気。「わからないことも多い分、古墳は未来への楽しみなタイムカプセルだと感じました」とコメントを寄せた。

 『世界遺産』(TBS系)は、12月15日18時からから放送。
《KT》

関連ニュース

page top