ファーストサマーウイカ、ヤンキーキャラへの悲しい本音明かす「無理やりやってる」 | RBB TODAY

ファーストサマーウイカ、ヤンキーキャラへの悲しい本音明かす「無理やりやってる」

エンタメ その他
ファーストサマーウイカ【撮影:小宮山あきの】
  • ファーストサマーウイカ【撮影:小宮山あきの】
 ファーストサマーウイカが、29日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。自身のキャラへの悲しい本音を明かした。


 コテコテの関西弁と、歯に衣着せぬ辛口発言が人気のウイカ。登場早々、「脂が乗ってきました」と笑いながらトークがスタート。だがこのあと、彼女のヤンキーキャラへの“疑惑”が次々と発覚。

 謎多き生い立ちだが、親は「中流の普通の人」と述べ、また中学時代の部活は吹奏楽部。さらには家の「門限はきちんと守っていた」と語るなど、結果、今のキャラは自己プロデュースの賜物であることが判明。

 彼女は今のキャラ作りについて「面白くないからこそ、名前を変にしたりとか、髪型をこんなんしたりとか、関西弁のヤンキーっぽい人あんまりいないと思って……無理にやってるところがある」と泣きそうになりながら本音をぶちまけた。

 また、ネットで“炎上”していないか、1日に100回以上エゴサーチするというウイカ。「炎上なんか怖がるキャラじゃない」と松本人志が指摘すると、「好感度は欲しい!」「主婦層の支持率、一番上げたい!」と力説。松本は派手なメイクで悪役レスラーとして名を馳せた女子プロレス選手の名を挙げ、「ブル中野の再来だと思ってた」とボケると、ウイカも笑っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top