斎藤工、芸人・永野とは一心同体!?「もともと一つだった」 | RBB TODAY

斎藤工、芸人・永野とは一心同体!?「もともと一つだった」

エンタメ その他
斎藤工【撮影:小宮山あきの】
  • 斎藤工【撮影:小宮山あきの】
 斎藤工が、27日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、芸人で親友の永野と出演。互いの関係性について独特な表現で語る一幕があった。


 29日公開の映画『MANRIKI』に主演している斎藤。本作では、永野と共同で企画・プロデュースを手掛けていることから、その宣伝のために登場した2人。だが、その間柄を知らないTOKIOは「どういう関係ですか?」と尋ねた。

 すると斎藤は、「なんて言えばいいんですかねぇ」と永野と顔を見合わせながら、「たまたま芸人さん、俳優っていう関係性ですけど、もともと一つだったんじゃないかっていうぐらい」と言及。永野もその発言に乗り、「俺たち一つだった」と語っていたが、いきなりのナゾ発言に、松岡昌宏はポカン。

 長瀬智也が「何でそういう話になったんですか?」と真剣に問いかけると、斎藤は、「(永野のネタに)衝撃を受けて、それ以来自分が作る映画にも出ていただいた」と回顧。「僕が一方的にファンになっちゃった」とも明かすと、永野も「全然売れていない頃に、短編映画にも出させてもらったり、ラジオにも呼んでもらった」と語るなど、互いに共鳴しあう存在であることが判明。

 だが斎藤が、「何気ない雑談から、このたび一つ映画を作ってしまった」と早速、番宣し始めと、国分太一も「ちょっと早いよ」と指摘。それに輪をかけるように松岡も「最近はアレでしょ?番宣だけやって番組、適当に流して……」と悪意たっぷりにまくしたてると、さすがの斎藤も「松岡さん!」と苦笑い。永野も「松岡さんが悪く映りますよ」と注意を促していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top