滝沢カレン、憧れのシュワちゃんとの対面で宣言「アーノルドの初めての女になりました」 | RBB TODAY

滝沢カレン、憧れのシュワちゃんとの対面で宣言「アーノルドの初めての女になりました」

エンタメ その他
滝沢カレン【撮影:岸豊】
  • 滝沢カレン【撮影:岸豊】
 滝沢カレンが、23日放送の『松之丞カレンの反省だ!』(テレビ朝日系)で、
大好きなアーノルド・シュワルツェネッガーへの熱い思いを語った。


 映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』公開に合わせ、共演者のリンダ・ハミルトンと来日したシュワルツェネッガー。今回、番組で神田松之丞が2人に対面することが分かると、滝沢は「その前日に行って来た」と、別番組ですでに会っていることを告白。

 松之丞から「(その対談の際、)会話の中で印象的だったことは?」と質問された滝沢は、リンダのことを「すっごい優しくしてくれた」と称賛。だがその時、シュワルツェネッガーと会えた喜びで泣いていたため、彼女から「こんなに泣く女は見たことがないと言われた」とも証言した。

 またアーノルドからも、泣き顔を見せ続ける滝沢に対し「一番最初に泣いて会ったのは初めてだと言われた」と振り返り、さらに「初めての女になりました」と自分で言いながら大照れ。松之丞が「アーノルド、いろんなところのキャバクラでも行ってるでしょう」と予想すると、滝沢は「行ってないと思いたい」と、彼を信じていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top