岡崎体育、実写版『サザエさん』出演決定に「いや"中島"太り過ぎやろ!」 | RBB TODAY

岡崎体育、実写版『サザエさん』出演決定に「いや"中島"太り過ぎやろ!」

11月24日放送『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』(フジテレビ系)に、岡崎体育の出演が発表された。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 11月24日放送『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』(フジテレビ系)に、岡崎体育の出演が発表された。


 今年10月にアニメ放送50周年を迎える『サザエさん』。20年後の同アニメを描いた同作では、カツオを濱田岳、ワカメを松岡茉優、タラオを成田凌、波平を伊武雅刀、フネを市毛良枝、マスオを西島秀俊、そしてサザエを天海祐希が務めることなどが発表されている。盆踊り大会に家族みんなで集合と呼びかけるも、いつの間にか、やらなきゃいけないことばかりを考えるようになった磯野家。果たして、サザエは再び、あの頃の太陽のように温かな磯野家を、取り戻すことができるだろうか?

 同ドラマで岡崎が演じるのは、20年後の中島。かもめ第三小学校でカツオのクラスメートであり、カツオの一番の親友。遊ぶ時も勉強をする時も何かと行動を共にし、お互いの足りないところを助け合う名コンビ。ただ、一緒にいる時間が長いため、時にケンカをすることも。しかし、すぐに仲直りをし、中島は元通りの笑顔で「磯野―!」と、カツオを遊びに誘いに来る。

 20年がたち、中島はとにかく真面目なコツコツ努力型のサラリーマンに。新卒で入社した会社に今年で勤続10年。何事も長続きせず職を転々としているカツオとは正反対の道を歩んでいる中島だが、あの頃の固い友情は変わらず、今なお2人は大親友。カツオがどんな職についても半年で辞めていくことを心配している中島は、「磯野―!」とカツオの洋食店の扉を開け、今度こそはうまくいって欲しいとカツオを心から応援をしているが・・・。

 岡崎は今回の決定について「正直に言うと、本当に僕みたいなわがままボディが中島くんの役をやらせてもらって大丈夫なのか!?と思いましたが、僕も小学生の頃は痩せていたので、20年という歳月の波乱を表現するにはもってこいの太り方だなと思いました」とコメント。見どころについては「20年以上も親友でい続ける中島や花沢さん達だからこそできる磯野の気持ちの汲み取り方が要所で表現されているので、台本に書いてあるセリフにはないキャラクターの気持ちを考えながら見ると、より一層楽しめるだろうと思います。あと“いや中島太り過ぎやろ!”って思ってもらえたらポッチャリ役者冥利につきます」と語った。

 『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』(フジテレビ系)は、11月24日20時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top