さんま、『27時間テレビ』を回顧……暴走した太田光の妻がフジ社長に謝罪の電話を入れていた | RBB TODAY

さんま、『27時間テレビ』を回顧……暴走した太田光の妻がフジ社長に謝罪の電話を入れていた

エンタメ その他
明石家さんま【編集部】
  • 明石家さんま【編集部】
 明石家さんまが、9日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で、『27時間テレビ』(同系)での爆笑問題・太田光の暴走を振り返る一幕があった。


 2日に『27時間テレビ』の中でオンエアされた『向上委員会スペシャル』。ここでフジテレビの遠藤龍之介社長が登場。同局に多大な貢献をしたさんまに対し感謝状を読み上げた。

 すると、ひな壇にいたピエロのメイクをした太田が、なぜか社長に向かって猛タックル。そのまま社長とともにスタジオの床に転び、社長のスーツはメイクで真っ白になった。

 さんまは、その時の裏側について回顧。CMに入った後スタジオを去る社長の様子について、「普通どうもありがとうございましたと帰ったらいいのに、無言で去っていったから、これはえらいこっちゃと思った」と心配していたと振り返った。

 続けてさんまは、「そしたら次の日、太田の嫁がすぐ社長に電話を入れて『衣装代お返しします』と言った」と証言。太田の妻で、彼も所属する芸能事務所「タイタン」社長の太田光代が、直接社長に洋服代の弁償を申し出て謝罪の連絡をしたことを明かした。

 すると遠藤社長は大人の対応を見せたらしく、「僕、わざとコケたんですよ」と返したという。だがさんまは、その時社長が床に頭を打ちつけた時の音を聞き逃さなかったようで、「わざとコケたらゴツンと言わない」と指摘し、笑いを誘った。

 また、この太田の暴走を当時、テレビで見ていた品川庄司・品川祐は、「ヤフーのコメント欄とか書いたことないですけど、初めて『太田 邪魔』って書きたいなと思いました」と不快感を覚えたと語っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top