松井玲奈、実写版『サザエさん』"早川さん"役決定に「面長の顔立ち、どこか似ている」 | RBB TODAY

松井玲奈、実写版『サザエさん』"早川さん"役決定に「面長の顔立ち、どこか似ている」

11月24日放送『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』(フジテレビ系)にて、松井玲奈が20年後の早川(31歳)を演じることが決定した。

エンタメ 映画・ドラマ
松井玲奈、実写版『サザエさん』
  • 松井玲奈、実写版『サザエさん』
 11月24日放送『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』(フジテレビ系)にて、松井玲奈が20年後の早川(31歳)を演じることが決定した。


 今年10月にアニメ放送50周年を迎える『サザエさん』。20年後の同アニメを描いた同作では、カツオを濱田岳、ワカメを松岡茉優、タラオを成田凌、波平を伊武雅刀、フネを市毛良枝、マスオを西島秀俊、かおりを黒川智花、そしてサザエを天海祐希が務めることなどが発表されている。盆踊り大会に家族みんなで集合と呼びかけるも、いつの間にか、やらなきゃいけないことばかりを考えるようになった磯野家。果たして、サザエは再び、あの頃の太陽のように温かな磯野家を、取り戻すことができるだろうか?

 早川といえば、かもめ第三小学校でカツオのクラスメートであり、花子(森矢カンナ)とかおりとは仲良し3人組。目立つタイプではなく、地味でおとなしい女の子だが、何より優しい心の持ち主。アニメでは率先して困っている人を助ける姿が描かれ、視聴者からは、「将来、早川さんは絶対いい女性になる」といった声が寄せられている。カツオにとって、かおりとともに好意を寄せる「好きな女の子」である。

 それから20年がたち、あの頃の絆は変わらず、今なお早川はカツオや花子、かおりと仲が良く、たまにカツオの洋食店に集まっては親交を深めている。ただ、早川はカツオや花子、かおりより一足早く結婚をし、今は幸せいっぱいの専業主婦になっていた。花子やかおりがカツオの料理をつまみに酒を飲んで盛り上がる中、相変わらず優しい早川はソフトドリンクを飲みながら周りの悩みに耳を傾け、そして遅くなる前に夫に夕飯を作るべく、しとやかに帰って行くのだった。

 今回、20年後の早川を演じることになった松井。今回のオファーについて「“20年後?”と驚きが大きかったですが、面長の顔立ちはどこか似ているところがあるのかなとも思いました」とコメント。森矢、黒川とともに20年後の仲良し3人組を演じたことについては、「かおりちゃんに翻弄されながらの撮影でした。3人の意外な一面が見られるシーンができ上がっているのでは、と思います」と語っている。

 『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』(フジテレビ系)は、11月24日20時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top