森咲智美、写真集は裸で挑む!? 自撮り棒では「撮っちゃいけないような箇所からも……」 | RBB TODAY

森咲智美、写真集は裸で挑む!? 自撮り棒では「撮っちゃいけないような箇所からも……」

森咲智美が4日、東京・書泉ブックタワーにて開催された最新写真集『812/15934』(ワニブックス)発売記念握手会に出席した。

エンタメ グラビア
森咲智美【撮影:浜瀬将樹】
  • 森咲智美【撮影:浜瀬将樹】
  • 森咲智美【撮影:浜瀬将樹】
  • 森咲智美【撮影:浜瀬将樹】
  • 森咲智美【撮影:浜瀬将樹】
  • 森咲智美【撮影:浜瀬将樹】
  • 森咲智美【撮影:浜瀬将樹】
 森咲智美が4日、東京・書泉ブックタワーにて開催された最新写真集『812/15934』(ワニブックス)発売記念握手会に出席した。

 森咲自身2作目の写真集となる本作。アメリカ・ロサンゼルスで撮影を敢行し、タイトルにもある通り15,934枚から厳選した812枚が収録されている。また、メイク、衣装、写真の撮影や選定など、すべて自己プロデュース。森咲曰く「グラビアの集大成」と位置付ける一冊だ。

 イベント前に行われた囲み取材で森咲は、現地にはカメラマンを連れて行かず、自撮りや女マネージャーのみで撮影したと告白。「普通の写真集では撮れない距離感を見ていただけたらと思います。本当なら下着の下にインナーを入れるんですけど、それもなく、(一部では)“裸”で撮影することができました」と振り返った。また、自撮りだからこそ収めることができた「エロ接写」なるものも収録されていると言い「(ローアングルのマイムをしながら)自撮り棒を使って撮っていたんですけど、何て言うんだろう……痴漢のような……誰も撮っちゃいけないような箇所からも撮影できました」と途中うまく表現できず、記者を笑わせる一幕もあった。

 現地ではちょっとしたトラブルも起こったようで、プールで撮影していると、アメリカ人から「あなたはセクシーだけど、子どもたちがいるからその服はやめて」と注意を受けたと回顧。「海外では許されると思っていた格好でもセクシーすぎてダメでした」と苦笑いを浮かべていた。森咲智美のセカンド写真集『812/15934』は、全国書店、ネット書店で発売中だ。
《浜瀬将樹》

関連ニュース

特集

page top