伊藤英明、12年ぶりTBSドラマ主演!僧医役で「生きること」の意味問う | RBB TODAY

伊藤英明、12年ぶりTBSドラマ主演!僧医役で「生きること」の意味問う

2020年1月クールのTBS系金曜ドラマ枠で『病室で念仏を唱えないでください』の放送が決まった。

エンタメ 映画・ドラマ
伊藤英明、12年ぶりTBSドラマ主演!僧医役で「生きること」の意味問う
  • 伊藤英明、12年ぶりTBSドラマ主演!僧医役で「生きること」の意味問う
  • 伊藤英明、12年ぶりTBSドラマ主演!僧医役で「生きること」の意味問う
 2020年1月クールのTBS系金曜ドラマ枠で『病室で念仏を唱えないでください』の放送が決まった。


 同ドラマの原作は『ビッグコミック増刊号』で連載中の『病室で念仏を唱えないでください』(小学館ビッグコミックス)。主人公・松本照円を演じるのは、2007年4月クール『孤独の賭け~愛しき人よ~』以来、12年ぶりとなるTBSドラマ主演を果たす伊藤英明。松本と同じ救命救急センターの医師で、お互いの実力を認め協力しあう女医・三宅涼子役を中谷美紀が務める。また、松本と度々衝突する心臓血管外科医・濱田達哉役をムロツヨシ。濱田の下で働く新人心臓血管外科医・児嶋眞白を松本穂香が演じる。なお、伊藤、中谷、ムロの3人は同級生であり、ドラマでの共演は初。

 松本(伊藤英明)は、幼少期に目の前でおぼれている幼馴染を救えなかったことから仏門に入り、さらに大切な人の死を前にして命を救いたいという思いから医者を志した。何かにつけて念仏を唱えたり説法をしたりすることで、患者だけではなく同僚からも煙たがられてしまうが、本人は医師としても、僧侶としても明るく真面目に取り組んでいる。その一方、美人に気をとられるなどの煩悩たっぷりな一面もあり、周囲の仲間からあきれられることもある。

 作中では、救命救急センター内での他の医師とのチームプレーはもちろんのこと、専門医たちとの激しいやりとりも描かれる。「医師」として命をどう救うのか、「僧」として死をどう看取るのか。生死について、もう一度考えるきっかけを与えるドラマになっている。

 伊藤は僧医という珍しい役どころについて「医師という職業は『生』に近く、僧侶という職業は『死』に近い印象でした。けれど、原作を読み進めていくうち、医師も日々死に向き合い、僧侶もまた生に向き合い、もしかすると表裏一体をなすものなのかも知れないと感じているところです」とコメント。ドラマについては「ありそうでなかった、医師で僧侶という役柄。患者の身体を医師の立場で、そして患者の心を僧侶の立場で救いたいという願いを持ち、またその中で自らの生き方をも模索する、そんな『生きる』ということに一生懸命な人間を観てもらえれば、と思っています」と呼びかけている。

 また、中谷は「肉体の救命と、魂の救済が本当に両立できるなら素晴らしいことだとは思いますが、簡単にはできないからこそ、松本がもがく姿を人は見守りたいと思えるのではないでしょうか。肉体的にも精神的にも決して楽ではない救命医になることを選んだ三宅という芯のある女性の生き様を全うしたいと思います」と意気込み。ムロはドラマについて「医療、医者、患者の話ではありますが、それだけではない人間模様が、面白くもあり深くもあり、描かれてる作品だと思います。演じ手として、しっかりお伝えしたいことがたくさんあります」と語った。

 ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』(TBS系)は2020年1月スタート。毎週金曜よる10時から放送される。
《KT》

関連ニュース

特集

page top