松本人志、キンコン西野からさらに売れる方法を伝授され納得 | RBB TODAY

松本人志、キンコン西野からさらに売れる方法を伝授され納得

キングコング西野亮廣が、20日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。ダウンタウン松本人志のプロデュース法を明かした。

エンタメ その他
ダウンタウン・松本人志 (c)Getty Images
  • ダウンタウン・松本人志 (c)Getty Images
 キングコング西野亮廣が、20日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。ダウンタウン松本人志のプロデュース法を明かした。

※楽天で「ドライブレコーダー」ランキングをチェックする!【PR】

 執筆したビジネス本の売上は50万部以上。オンラインサロンには国内最大の約3万人の会員を集め、月収約3千万円を稼いでいる西野。

 彼はまた、自身の絵本をネット上に無料公開し、確実に面白いものと認識してもらうことで購入動機につなげたという。結果として5,000部売れればヒットと言われる中、彼の絵本は60万部の売上を記録したそう。

 そんなプロデュース能力に長けている西野に、松本が「ダウンタウンはこうしたらいいとかあるんじゃない?」と聞くと、「むちゃくちゃありますよ」と断言。特に松本の“売り方”について言及した。

 西野はまず、これまでのテレビタレントは、番組スポンサーから広告費を出してもらって稼ぐ生き方だったと持論。そんな状況で、「面白い企画やアイディアはありながら、上がハンコを押さないから実現できない」現実を訴えた。

 そこで西野は、松本に「お客さん(一般のユーザー)からのダイレクト課金を取った方がいい」と提案。続けて、「松本さんのファンクラブを作ってしまって、松本さんを支援する人が月額1,000円払う」と語った。そんな西野のアイディアに、松本も思わず「なるほど!」と納得。

 さらに西野は、「これが1万人いればどこにお伺いも立てることもなく、好きなことができる」と主張。

 松本はこのトークの前、格好つけたがる西野に対して「良いことを言ったらシャツのボタンを開けられる」という条件のもとで語ってもらっていたが、西野が考える新たな収入方法に机を叩き、「第2ボタン開けていい!」と認めていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top