小関裕太「ひとつ成長した」、イタリアの路上で女の子を誘ってデート! | RBB TODAY

小関裕太「ひとつ成長した」、イタリアの路上で女の子を誘ってデート!

NHK・Eテレの語学番組「旅するゴガク」の新シリーズ発表記者会見が30日、都内にて開催され、出演の俳優・小関裕太、ドラムボーカリストのシシド・カフカ、バレエダンサーの柄本弾が出席した。

エンタメ その他
小関裕太【写真:竹内みちまろ】
  • 小関裕太【写真:竹内みちまろ】
  • 小関裕太【写真:竹内みちまろ】
  • シシド・カフカ【写真:竹内みちまろ】
  • シシド・カフカ【写真:竹内みちまろ】
  • 柄本弾【写真:竹内みちまろ】
  • 柄本弾【写真:竹内みちまろ】
  • 柄本弾、シシド・カフカ、小関裕太【写真:竹内みちまろ】
  • 柄本弾、シシド・カフカ、小関裕太【写真:竹内みちまろ】
 NHK・Eテレの語学番組「旅するゴガク」の新シリーズ発表記者会見が30日、都内にて開催され、出演の俳優・小関裕太、ドラムボーカリストのシシド・カフカ、バレエダンサーの柄本弾が出席した。

 「旅するゴガク」は、「“旅”を楽しみながらも“言葉”も身につけたい!」というテーマで各国の旅情、人々の営み、独自の文化を味わいながら実践的に言葉を身につけていく番組。新シリーズが9月30日から放送開始となり、9月23日には見どころを紹介する特番「(仮)旅するゴガク!」が放送される。

 小関は、10月1日0時(9月30日深夜)スタートの「旅するイタリア語」にて“旅人”を務める。小関はシーズン4となる今回から“旅人”にロケで「ミッション」が課せられることを告げ、「ミッションの中で一つだけ、“女の子をデートに誘って、バルで一緒に飲み物を飲むというものがありました。道端で、向こうは日本語もわからないし、僕もイタリア語を流ちょうに話せるわけではないので、必死になりならが、とにかく最初のワードだけを覚えました」と回顧。

 「『一緒にバルに行きませんか?』と誘って、『いいよ』となったのですが、そのあとについての予習ができていなかったので、知っている単語を必死に伝えようとしていました。残念ながら誘った女の子がすごくクールな子で、イタリア語があっていないと、“違う”という表情をされたり、その場でわりと強めに直されたりとか。『これデートなのにうまくいっているのかな』と思いながら、カメラのことも忘れて必死になっていました」と続けた。“デート”では、習ったイタリア語とボディランゲージを駆使した結果、「最終的にはその女の子が普段よく行く綺麗な景色の見える場所にたどり着くことができたので、大変だったけど、観ているみなさんには笑ってもらえ、僕にとってもひとつ成長した回になりました」と声を弾ませた。

 また、小関は、「『ゴッドファーザー』などシチリアの有名ないくつかの映画の撮影場所にも行ったりして、『実際はこういう景色なのだ』、『ここにセットが建っていたのだ』ということも体験させて頂いたときもありました」とロケ中のエピソードを述懐。「イタリアの有名な映画祭が行われていたりもしました。イタリア映画には本当にすてきな甘い映画がたくさんあって僕も小さなころから見ていました」といい、「いずれはイタリアの映画に出演できるかもしれないし、イタリアの映画祭で、日本で撮った映像作品を、(イタリア語を使って)自分の言葉で『こういうところを観てください』と言えるようになれたらいいなという目標が新しくできました」と目を輝かせた。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top