土屋太鳳、“5億円”相当の豪華ジュエリーを身に着け「夢みたい!」 | RBB TODAY

土屋太鳳、“5億円”相当の豪華ジュエリーを身に着け「夢みたい!」

女優の土屋太鳳が29日、都内にて開催された「ジュエリー業界が選ぶ“第7回ウーマン オブ ザ イヤー”」表彰式に出席し、5億円相当の豪華ジュエリーを着用した姿を披露した。

エンタメ その他
土屋太鳳【写真:竹内みちまろ】
  • 土屋太鳳【写真:竹内みちまろ】
  • 土屋太鳳【写真:竹内みちまろ】
  • 土屋太鳳【写真:竹内みちまろ】
  • 土屋太鳳【写真:竹内みちまろ】
 女優の土屋太鳳が29日、都内にて開催された「ジュエリー業界が選ぶ“第7回ウーマン オブ ザ イヤー”」表彰式に出席し、5億円相当の豪華ジュエリーを着用した姿を披露した。

 同アワードは、文化・芸能・スポーツ界からジュエリーの輝きのように「最も美しく生きている女性」を表彰するもので、今年で7回目。

 表彰式には、土屋はエレガントなロングドレススタイルで登壇。首元には、60カラットを超える希少性の高いエメラルドが輝きを放つプラチナ・エメラルド・ダイヤモンドネックレス(参考上代価格・税別:5億円)を付けており、報道陣から大量のカメラのフラッシュを浴びた。

 土屋は「『“夢みたい”というのはこういう気持ちなのだな』と。光栄過ぎて言葉が出ないです」と感動ひとしおの様子。「今回、出会わせて頂いたこのジュエリーは、すごくエネルギーがあって、ジュエリーというよりは『小さな地球がここにある』みたいな感じです。エメラルドの持つ地球のパワーだったり、磨かれた方々の愛情だったり、技術だったりがひとつになって、ひとつの命になるような感じです」などと感想を言葉にした。

 憧れの女性像が話題にあがると、土屋は、自身の周りに素敵な女性たちが多いことを告げ、「『なんで素敵なのかな』と思ったときに、みなさん、何かに対して一生懸命生きていらっしゃるのですよね。仕事に対しても、子育てに対しても」と紹介。「私も一生懸命生きることを諦めたくないなと思いますし、信じたいなと思っています」と目を輝かせた。「これから色々なことがあると思いますが、一生懸命になることを諦めずに、信じて、女性としても女優としても踏ん張って、一歩、一歩、進んで行こうと思います」とも。

 また、土屋は、“祖母から母へ”、“母から自身と姉の2人へ”と受け継がれているパールのネックレスを持っているそう。そのネックレスはまだ身に着けたことはないそうだが「いつか身に着けることができたらいいなと思います」と期待に胸を膨らませ、「私も、祖母や母のように、自分の子どもとかに繋げて行けたらいいなと思います」とはにかんでいた。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top