2020年大河ドラマ『麒麟がくる』、尾野真千子・向井理・風間俊介ら新キャストを発表! | RBB TODAY

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』、尾野真千子・向井理・風間俊介ら新キャストを発表!

エンタメ 映画・ドラマ
尾野真千子【写真:竹内みちまろ】
  • 尾野真千子【写真:竹内みちまろ】
  • 向井理
  • 風間俊介【写真:竹内みちまろ】
 2020年スタートの大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)に尾野真千子、向井理、風間俊介、伊吹吾郎の出演が発表された。

※今週のエンジニア女子をチェックする

 大河ドラマ『麒麟がくる』は、2020年1月5日スタート。主人公の明智光秀を長谷川博己が演じるほか、門脇麦、沢尻エリカ、染谷翔太、堺正章、高橋克典や岡村隆史らの出演が明らかになっている。また、語りを市川海老蔵がつとめる。

 新たに同ドラマ出演が決まった尾野真千子が演じるのは、京の戦災孤児・駒が東庵に引き取られる前の幼少期に預けられていた、旅芸人の女座長の娘・伊呂波太夫役。全国各地を一座でまわり、諸国の有力大名や京の公家に顔の効く不思議な女性だ。さらに、向井理は室町幕府13代将軍・足利義輝役。風間俊介は徳川幕府の創始者・徳川家康役。伊吹吾郎は東海最強の大名、今川義元の軍師で太原雪斎役に決定した。

 出演が決まった尾野は、「伊呂波太夫は架空の人物で、みなさんはどういう人か分からないと思いますが、今度いつ出てくるのかしら、次はどんなことをしでかすのかしら、そんなふうにワクワクしてもらえるような人物になればいいなと思っています」と自身の役どころについて説明。向井は「時代劇というものにはじめて出演させていただいたのは、大河ドラマ『江』でした」と語り、「ある意味自分にとっての時代劇の原点である大河ドラマに出演できること。この大河ドラマの一助となれば幸いです」とコメントを寄せている。

 風間は「歴史上数々の偉人がいますが、その中でも徳川家康を演じさせていただける日がくるとは」と驚いた様子。「考えれば考えるほど身体と心が震えますが、これは武者震いです。大きく息を吸い、この震えが収まった時、家康のように広い目を持って撮影に挑みたいと思います」とコメント。伊吹は「昭和から平成、そして令和と大河ドラマに出演させていただけること、誠に嬉しく思います」と喜び。「久しぶりの大河ドラマ出演に、心持ち熱く、一人でも多くの方に、ご覧頂きたいと思います」と語っている。

 大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)は、2020年スタート。
《KT》

関連ニュース

特集

page top