三浦祐太朗、子ども時代のオモチャは母・山口百恵の“伝説のマイク” | RBB TODAY

三浦祐太朗、子ども時代のオモチャは母・山口百恵の“伝説のマイク”

三浦祐太朗が、19日放送の『中居正広のキンスマスペシャル』(TBS系)に出演。幼少時代の思い出を語った。

エンタメ その他
 三浦祐太朗が、19日放送の『中居正広のキンスマスペシャル』(TBS系)に出演。幼少時代の思い出を語った。

※今週のエンジニア女子をチェックする

 この日、祐太朗の少年時代にまつわる思い出がフリップで紹介された。その1つが、「お気に入りのおもちゃは引退コンサート伝説のマイク」というもの。これには共演者も驚き、中居正広も「やばいよね」とビックリ。

 1980年10月に行われた引退コンサートで、マイクをステージの中央に置いたまま、静かに舞台裏へと去っていった百恵さん。そのシーンは今も歌謡界の名場面として語り継がれているが、そのマイクについて祐太朗は「実家にある」と告白。リビングのショーケースに入っており、すぐに取り出せて簡単に触れるのだという。

 中居が「歌ごっこだったりとか?」と聞くと、「…してましたね」と祐太朗。中居が「いつぐらいなの? これ(マイク)ヤベェやつだって気づくのは?」と質問すると、彼は「なんてことをしたんだろうと思ったのは思春期を迎えてから」と回答。中居から「遅いわ!」とツッコミを受けていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top