西島秀俊、葵わかなに殴られるシーンも.....映画『任侠学園』予告編解禁 | RBB TODAY

西島秀俊、葵わかなに殴られるシーンも.....映画『任侠学園』予告編解禁

9月27日公開の西島秀俊×西田敏行W主演映画『任侠学園』の予告編が公開された。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)今野 敏 / (C)2019 映画「任侠学園」製作委員会
  • (C)今野 敏 / (C)2019 映画「任侠学園」製作委員会
  • (C)今野 敏 / (C)2019 映画「任侠学園」製作委員会
  • (C)今野 敏 / (C)2019 映画「任侠学園」製作委員会
 9月27日公開の西島秀俊×西田敏行W主演映画『任侠学園』の予告編が公開された。

※今週のエンジニア女子をチェックする

 同作は、今野敏による人気小説『任侠』シリーズ(中公文庫)の中で、特に根強く愛され続ける『任侠学園』を木村ひさし監督が映画化。舞台は、経営がうまくいかなくなった仁徳京和学園高校。高校を建て直すため、新しい理事が就任。現れたのはなんと、曲がった事が大嫌いな昔気質のヤクザ、阿岐本組。見た目は怖く、荒々しかったが、義理人情の正義を貫いていく彼らの情熱に、次第に空気が変わっていく。しかし、金儲けのため、学校乗っ取りを図る大人たちによる罠が仕掛けられて・・・?

 解禁された映像では、真面目過ぎるが故、空回りしながらも世のため、人のために走り回る不器用で愛くるしい阿岐本組メンバーの姿が印象的。開口一番「本日よりこの学校の理事になりました」と礼儀正しい挨拶をする、西島扮する弱小ヤクザ“阿岐本組”のナンバー2・日村。頼られたら断れない阿岐本組長(西田敏行)に、日村の舎弟・稔(伊藤敦史)ら組員は日々振り回されっぱなし。待ち受けていたのは問題児たちとそんな生徒に無関心な先生たちばかりの問題ありまくりの学園。

 事なかれ主義の綾小路校長(生瀬勝久)に対し、「最低限?!最高の仕事をして下さい」と熱い喝を入れる日村のシーンも。生徒に真っ直ぐに向き合い学校再建に取り組む日村だが、何者かに校舎の窓ガラスを割られ、学校一の問題児・ちひろ(葵わかな)からは強烈なパンチを食らい、生徒会所属のワケアリ風な生徒・美咲(桜井日奈子)には「落とし前、しっかりつけて貰うから・・」とすごまれるなど、生徒たちに手を焼く姿も。

 不器用で愛くるしいヤクザが学校再建に奮闘する映画『任侠学園』は、9月27日全国公開。

《KT》

関連ニュース

特集

page top