岡田准一、アクション映画への想いを明かす「まだまだ自分たちはできる」 | RBB TODAY

岡田准一、アクション映画への想いを明かす「まだまだ自分たちはできる」

映画「ザ・ファブル」(公開中)の大ヒット御礼イベントが4日、都内にて開催され、主演の岡田准一、出演の木村文乃、山本美月、柳楽優弥が登壇した。

エンタメ 映画・ドラマ
岡田准一【写真:竹内みちまろ】
  • 岡田准一【写真:竹内みちまろ】
  • 木村文乃【写真:竹内みちまろ】
  • 山本美月【写真:竹内みちまろ】
  • 柳楽優弥【写真:竹内みちまろ】
  • 映画「ザ・ファブル」大ヒット御礼イベント【写真:竹内みちまろ】
  • 映画「ザ・ファブル」大ヒット御礼イベント【写真:竹内みちまろ】
  • 映画「ザ・ファブル」大ヒット御礼イベント【写真:竹内みちまろ】
  • 山本美月【写真:竹内みちまろ】
 映画「ザ・ファブル」(公開中)の大ヒット御礼イベントが4日、都内にて開催され、主演の岡田准一、出演の木村文乃、山本美月、柳楽優弥が登壇した。

 同作は週刊ヤングマガジンで連載中の単行本累計発行部数400万部突破の人気同名漫画を原作とした実写化作品。凄腕の殺し屋・ファブル(岡田)がボスからの指令で1年間殺し屋を休業し、一般人・佐藤アキラとして普通の生活を送る姿が描かれる。

 イベントでは、登壇者たちが、ファンのお気に入りシーンの撮影秘話を明かす企画が行われた。岡田は、「ファブルがミサキちゃん(山本)に、『ちょっと待っててね』と小首をかしげて優しい声でいうシーン」と、ファンのお気に入りシーンを自ら読みあげたが、「あそこが思い出深いのですね」と驚いた様子。すると、客席のファンから「(小首をかしげて優しい声でいう岡田が)かわいいから」との声があがった。岡田は「かわいい? どこが?」と疑問を言葉にしながら、「ちょっと待っててね」という劇中のセリフを芝居付きで再現。会場から大きな拍手が起こると、岡田は、「これでよいのですね!」、「いくらでも言いますよ、私は!」と軽快なトークを披露してイベントを盛り上げた。

 また、「ちょっと待っててね」と告げるシーンについて、岡田から「あのシーンで、(撮影時の)思い出がありますか?」と質問された山本は、「私、網タイツをはいていて、すごく足が痛かったなと。下にけっこう、ハトの糞とかがいっぱいあった記憶があります」と振り返っていた。

 イベントの最後、マイクを持った岡田は、「日本でアクション(映画)を作るのは難しいのですが、日本でこういったアクションものをどうやったら作れるのかということをみんなでチャレンジしていった作品です。『まだまだ自分たちはできる』と思っていますので、もっと頑張っていきます」とアクション映画への想いを語った。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top