爆問・太田、闇営業問題で「芸人論」爆発!西川史子も圧倒される | RBB TODAY

爆問・太田、闇営業問題で「芸人論」爆発!西川史子も圧倒される

爆笑問題・太田光が、30日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、波紋が広がる「闇営業問題」に関し、持論を爆発させる一幕があった。

エンタメ その他
太田光 (c)Getty Images
  • 太田光 (c)Getty Images
 爆笑問題・太田光が、30日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、波紋が広がる「闇営業問題」に関し、持論を爆発させる一幕があった。

※乃木坂46関連ニュースをチェックする

 雨上がり決死隊・宮迫博之など、吉本興業所属の芸人が反社会的勢力の忘年会で闇営業を行った問題が波紋を広げる中、今度は「スリムクラブ」が指定暴力団幹部の誕生パーティーに出席したことが発覚。2人は「無期限活動停止」処分を受けている。

 この「無期限活動停止」という重い処分に対し太田は、「舞台も奪われて収入もゼロでしょ。自分でやることもできない」と述べ、「芸人なんて、どこに行ったって駄目なんだから芸人になってるわけで、そこの場所さえ奪われたら、どうにもなんないですよ」と語った。

 さらに太田は、「宮迫が出たパーティーは、詐欺集団が捕まる半年前。ホテルの大広間を借りてるわけ。だから社会活動をしているわけですよ彼らは。警察も犯罪者かどうか決めかねてるところ……裏では分かってたかもしれないけど。ホテルもちゃんと借りてる」と持論。

 これに対し、西川史子が「太田さん、かばいすぎですよ」と苦言を呈すると、太田は「そんなことないですよ、ホテルだって受け入れてるんですよ。高級ホテルのほうがコンプライアンスに厳しいわけでしょ。グレーだなと思ったとしても、こいつら反社会だって芸人だけが判断できるわけがない」と主張。すると西川もその勢いに圧倒されていた。

 また太田は「さらに気に入らないのは」と切り出し、「宮迫があそこで歌を歌っていたこと」とし、「ネタやれよ!」と不満。自身の新人時代、営業先で30分のネタを求められた際、「素人だからやってられるか」と逃げて帰った過去を語りながら、事務所から「プロだったら(素人だからなんて)二度と言うな。30分だったらネタがつまらなくても、喧嘩してでも舞台から降りるな」ときつく注意されたエピソードを回顧。

 その上で太田は、宮迫に対し「プロ意識があったら(歌わずにネタをするべきであって、)あそこで金なんてもらわない」と主張。また「芸人を守るのは芸」とも語り、「再教育っていってるけど芸人が教育されるのは現場でしかない」と熱弁。デーブ・スペクターが「オールスター反社祭でもやればいい」と茶化すと、太田は「真面目な話してるときに何言ってるんだ!」と本気で怒っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top