中山美穂、約20年ぶりの新曲を今冬発売!来年にはコンサート開催も | RBB TODAY

中山美穂、約20年ぶりの新曲を今冬発売!来年にはコンサート開催も

中山美穂が6月21日にデビュー35周年イヤーを迎え、音楽活動を本格的に再開。約20年ぶりの新曲を発表した。

エンタメ 音楽
 中山美穂が6月21日にデビュー35周年イヤーを迎え、音楽活動を本格的に再開。約20年ぶりの新曲を発表した。

※注目のペット関連記事をチェックする

 1985年のデビュー以降、39枚のシングルと21枚のオリジナルアルバムをリリースした中山。ワンマンでの最後のライブは、1999年10月30日に行われた「六本木Sweet Baisil」だった。

 オリジナル曲としては1999年9月16日「Adore」以来、約20年ぶり。新曲は今冬に発売が予定されている。さらに、自身の誕生日でもある2020年3月1日には、デビュー時に初コンサートを行った思い出の場所「東京・中野サンプラザ」にて、コンサートの開催も決定した。

 中山は今回の決定について、「ありがたいことに、コンサートはやらないのですか?と言って下さる方が沢山います。音楽から遠ざかって随分と経ちますが、私の気持ちはいつだって音楽で溢れています。泣いたり笑ったり、感動の思い出が沢山詰まった中野サンプラザ。また歌えることの喜びを皆さまにお伝え出来る日が来るなんて信じられませんが、かなり贅沢な誕生日パーティーとして楽しんで頂けたらと思います」と喜びの心境を語っている。
《KT》
page top