小芝風花、金髪&おかっぱ&関西弁で連ドラ初ヒロインに | RBB TODAY

小芝風花、金髪&おかっぱ&関西弁で連ドラ初ヒロインに

7月27日よる11時15分スタートのドラマ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系)で、女優の小芝風花がヒロインを務めることが決まった。

エンタメ 映画・ドラマ
小芝風花、金髪&おかっぱ&関西弁で連ドラ初ヒロインに
  • 小芝風花、金髪&おかっぱ&関西弁で連ドラ初ヒロインに
 7月27日よる11時15分スタートのドラマ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系)で、女優の小芝風花がヒロインを務めることが決まった。

※ほかの最新エンタメ記事をチェックする

 同ドラマは、森田まさのり『べしゃり暮らし』(集英社)が原作の青春ドラマ。人を笑わせることが大好きで、笑わせるためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”こと上妻圭右を間宮祥太朗が務め、高校生ながら元プロ芸人の辻本潤(渡辺大知)の成長と奮闘などが描かれる。

 小芝は、辻本の元相方で、やがて主人公コンビとお笑いの世界で激しく競い合う漫才師のヒロイン・鳥谷静代役に決定。鳥谷静代は、かつて辻本潤とお笑いコンビSHIZU-JUN(シズジュン)を組み、芸人として活動していたが、辻本が一方的に離れ、コンビは解散状態に。一方で静代は、辻本のことを相方としても恋愛相手としても諦めきれないでいる。お笑いに強い情熱を注ぐ女子高校生役を、小芝がどのように演じるのかに注目。また、小芝は今回がテレビ朝日の連続ドラマ初ヒロイン。ドラマの核のひとつである漫才に、金髪&関西弁で挑む点にも期待だ。

 小芝は金髪のウィッグについて「違和感しかありません」と気恥ずかしそうにしながらも「ウィッグをつけることで意思の強い静代になれます。このウィッグは気持ちを切替えるスイッチですね」とコメント。関西弁については、「私も大阪出身なので、関西弁にはとても馴染みがあり、標準語よりも気持ちを表現しやすいですし、演じていて楽しいです。現場には関西出身の方が多いので、セリフの微妙なニュアンスを確認させてもらうこともよくあります」と語っている。

 ドラマ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系)は、7月27日よる11時15分スタート。
《KT》

関連ニュース

page top