東京パフォーマンスドール、結成6周年記念ライブ開催で涙も | RBB TODAY

東京パフォーマンスドール、結成6周年記念ライブ開催で涙も

東京パフォーマンスドールが6月16日、結成6周年のワンマンライブを渋谷・STREAM HALLで行った。

エンタメ 音楽
東京パフォーマンスドール、結成6周年記念ライブ開催で涙も
  • 東京パフォーマンスドール、結成6周年記念ライブ開催で涙も
  • 東京パフォーマンスドール、結成6周年記念ライブ開催で涙も
  • 東京パフォーマンスドール、結成6周年記念ライブ開催で涙も
  • 東京パフォーマンスドール、結成6周年記念ライブ開催で涙も
  • 東京パフォーマンスドール、結成6周年記念ライブ開催で涙も
  • 東京パフォーマンスドール、結成6周年記念ライブ開催で涙も
  • 東京パフォーマンスドール、結成6周年記念ライブ開催で涙も
  • 東京パフォーマンスドール、結成6周年記念ライブ開催で涙も
 東京パフォーマンスドールが6月16日、結成6周年のワンマンライブを渋谷・STREAM HALLで行った。

※ほかの最新エンタメ記事をチェックする

 ライブがはじまると、今までのシングル曲をリミックスしたようなオープニングSEの中、懐かしい真っ白のデビュー衣装でメンバーが登場。まずは、先代TPDの人気曲「ダイヤモンドは傷つかない」からスタート。その後も先代TPDの楽曲が続き、現在の新生TPDらしい曲の「Lovely Lovely」など2曲で全世代のファンを盛り上げた。中盤はメンバーそれぞれのソロ曲やユニット曲を披露するコーナーへ。上西星来と脇あかりによるユニット「赤の流星」は、最新8thシングルのカップリングである新曲「Into The Night」を新衣装で披露。切ない大人の恋物語をコンテンポラリーダンスで表現した。

 そしてライブ後半への折り返しの一曲目では、8thシングルのカップリング曲「Starship Flight」を初披露。本編の最後は結成当時から6年間大切に歌ってきた「DREAMIN’」で大団円を迎えた。アンコールではCDデビュー5周年記念最新シングル「SUPER DUPER」を披露。MCなしのノンストップパフォーマンスが繰り広げられた本編だったが、アンコールでは最後に、リーダー高嶋(※高はハシゴ高)が「どんな時でもこのメンバーで乗り切って来られたのは、皆様の応援があっての事。自分たちの夢を諦めずにここからまたさらに新しい事に挑戦していきたい」と熱い胸の内を語り、メンバーは6年間の想いを巡らせて感動の涙。

 また、MCの終盤では8月に新ライブシリーズ「SUPER DUPER SUMMER 2019」を開催すると発表。渋谷を中心として繰り広げられるこのシリーズは、グループ全員のものだけではなく、各メンバーが個性あふれるソロイベントやユニットライブを数々企画するという、新生TPD結成以来、初めての試み。その中には人気ブランドとコラボしたTPD初となる「女性ファン限定」のイベントも開催される予定とのことで注目だ。
《KT》

関連ニュース

page top