天才バイオリニスト木嶋真優の独特な恋愛観に松本人志も苦笑 | RBB TODAY

天才バイオリニスト木嶋真優の独特な恋愛観に松本人志も苦笑

バイオリニスト木嶋真優が、31日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。その独特な恋愛観を語る一幕があった。

エンタメ その他
松本人志(c)GettyImages
  • 松本人志(c)GettyImages
  • (C)フジテレビ
 バイオリニスト木嶋真優が、31日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。その独特な恋愛観を語る一幕があった。

※ほかの最新エンタメ記事をチェックする

 同じバイオリニストの高嶋ちさ子から「バイオリンでは勝てない」と言わしめるほどの実力派。だが「天才少女と呼ばれていた?」との質問に対し「呼ばれてないけど呼ばれてましたアハハ!」と突然笑い始めると、松本人志は「クラシックの人はおかしい。本人の弦は1本切れてる」と指摘。

 そんな木嶋だが恋愛対象について「60歳以上が好きなんですよ」と明かし、「(すでに)13歳の時に60歳以上の人が好きだった」と告白。その理由として「肌がプニョッとなってる感じが好きなんです」「肌がたるんたるん」と言及した。

 ただ一方で「男性の中で(筋肉)バキバキ(の人)がダメ」とも。これを聞いた松本は苦笑い。世界最高峰のバイオリンであるストラディバリウスになぞらえて自らの筋肉を表現しようとするも、「筋肉界のステウスバリウス」とうまく言えず悔しがっていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top