小学生42人がなんばグランド花月の舞台で漫才や新喜劇に挑戦! | RBB TODAY

小学生42人がなんばグランド花月の舞台で漫才や新喜劇に挑戦!

4月30日放送の『OFLIFE』(MBS)では、特別編として「こどもグランド花月」の模様が届けられる。

エンタメ その他
写真提供:MBS
  • 写真提供:MBS
  • 写真提供:MBS
  • 写真提供:MBS
 4月30日放送の『OFLIFE』(MBS)では、特別編として「こどもグランド花月」の模様が届けられる。


 4月5日になんばグランド花月で行われた「春休み!!こどもグランド花月」は、大阪の演芸に夢を持つ子どもたちを育むため、子どもたちに「笑いの殿堂」なんばグランド花月の舞台で、漫才や新喜劇を実際に体験してもらおうというイベント。応募者1,000人の中から、面接とオーディション審査を経て選ばれた漫才9組と新喜劇に出演する小学生、計42人が選ばれた。

 物語の舞台は劇団花月。さまざまな関係者や子役たちが出入りするなかで、川畑泰史の結婚話が持ち上がる。新喜劇に登場する子どもたちは、それぞれの想いを胸に舞台に挑む。一方、漫才に挑戦する9組は、お笑い養成所に入っている活動するコンビをはじめ、兄弟、モデル仲間、即席コンビとさまざま。

 いよいよ4月5日の本番、大勢のお客さんの前で漫才と新喜劇が披露。小籔千豊、すっちー、浅香あき恵、島田珠代、吉田裕、諸見里大介ら、そうそうたるメンバーと共演を果たした子どもたちに、川畑は「最近の子どもはすごいですね。あんなに堂々とやられると、芸人は立つ瀬がない。ええ勉強になりました」と感心。小籔は、「大勢の前で発表するのはええ根性つくと思う。大人になった時に、この経験を活かしていろんな仕事につなげてくれたらいいと思います」とコメントした。

 『OFLIFE』(MBS)は、4月30日深夜2時24分から放送。
《KT》

関連ニュース

page top