卒業発表のNGT48山口真帆「アイドルになった自分も恨みました」……心境をつづる | RBB TODAY

卒業発表のNGT48山口真帆「アイドルになった自分も恨みました」……心境をつづる

暴行被害を受けたNGT48の山口真帆が21日、卒業を発表。25日、自身のTwitterを更新した山口は現在の心境をつづった。

エンタメ ブログ
 暴行被害を受けたNGT48の山口真帆が21日、卒業を発表。25日、自身のTwitterを更新した山口は現在の心境をつづった。


 山口ははじめに、「私、山口真帆はNGT48を卒業します」とあらためて報告し、「ファンの皆さんに卒業を伝えるのが本当に申し訳なくて、せてめ笑顔でお伝えできたらと思っていたのですが、自分の前に発表したれなとりこの卒業が悔しくて、涙を堪えるので精一杯でした」と山口と同じ日に卒業を発表した長谷川玲奈と菅原りこの卒業への思いをつづった。

 山口は「AKB48が、そしてアイドルが好きでした。アイドルを好きになってしまった自分を恨み、親の反対を押し切ってアイドルになった自分も恨みました。NGT48にならなかったら、こんな思いしなかったのではないかとも思いました」と悲痛な胸の内を明かした。

 それでも山口はNGT48に入ったことで最後まで自分を信じてくれた長谷川・菅原・村雲颯香との出会いがあったこと、そして自分を支えてくれるファンとも出会えたとつづり、「今はNGT48になって良かったと思っています」と記した。

 山口がファンと会えるの握手会が2回、そして卒業公演のみ。「皆さんのことを笑顔にしたいです。皆さんに悲しい思いをさせてしまった分、最後はたくさん笑ってもらいたいです。皆さんが私のことを支えてくれたように、今度は私が皆さんに元気を与えられたらなと思います」と残り少ないファンとの交流の場にかける思いをつづった。

 今後については「アイドルは辞めてしまうけど、1人の人として、皆さんにまた愛してもらえるような、強く優しい女性になりたいなと思います。後ろ指さされようが、自分が信じた道に向かって、真っ直ぐに生きていきたいです。今度は自分の幸せな姿を見せて、皆さんに元気や勇気を与えられるように夢に向かって頑張ります」つづり、「応援してくださいとは言えません。見守っていただけると嬉しいです。皆さんは私の宝物です」と記し締めくくった。

《松尾》

関連ニュース

特集

page top